[メイン]どどんとふ:全チャットログ削除が正常に終了しました。
[メイン]どどんとふ:「アンシア」がログインしました。
[メイン]どどんとふ:「7110」がログインしました。
[メイン]どどんとふ:「7110」がログインしました。
[メイン]ラシェル:俺が入ってきた
[メイン]どどんとふ:「ハルシ」がログインしました。
ラシェル:緑色にしておく
ラシェル:これでどうだ
[メイン]ラーミナ:テスト
フレデリク:どうかな
[メイン]どどんとふ:「ななしさん」がログインしました。
ラシェル:こんばんは…
ラーミナ:良い左図
アンシア:【それは冒険の幕開け】
[メイン]どどんとふ:「ラシェル」がログインしました。
アンシア:【それは冒険の幕開け】
ラシェル:[]
ラシェル:「借金を返すために借金…これが東方に伝わる”リンネ”でしょうか…」
ラシェル:「私は哀しい…複数の意味で…」
ラシェル:「ふふ…エルダナーンとよく間違われますが…」
ラシェル:「見分け方は耳の丸まり方がちょっと違うのと…」
ラシェル:「リャナンシーは陽気なものが多いのですよ…私はまあ…ダウニーですが」
アンシア:静かにテンションが上がりそうだね
ラーミナ:もっとテンションあげてこーよ!
ラーミナ:バッとなってガッとやってイエッス!!みたいな!
ラシェル:あがってますよ、サッと行ってスッとやってスポーティ…のように…
アンシア:あんたは元気を体現したような子だね
アンシア:今日からお前の名前は元気だよ
アンシア:文字色確認フェイズもよろしくね
フレデリク:彩度が低くてすまない…
ラーミナ:イケメンだー!!
アンシア:顔がいいから許したげよう
ラーミナ:おばあちゃん面食いね!
ラシェル:半分居眠りしてるような顔してすみまzzz
ラーミナ:寝るな姉ちゃーん!!
ラシェル:はっ…せっかく賭けに勝った夢を見ていたところに…
アルシド:「自己紹介?めんどくせェな」
アルシド:「…アルシド。クラン=ベル生まれクラン=ベル育ち。5で流行病でオフクロを亡くす。12で冒険者のオヤジを目の前で魔物に殺された。」
アンシア:はい、じゃあ始めて行くよぉ
ラーミナ:わーい!!
アンシア:【伝説に名を刻む者】
アンシア:◆今回予告◆
アンシア:冒険の舞台はエリンディル西方に位置する"水の都"クラン=ベル。
アンシア:その街を抱きかかえるように枝を伸ばした巨大樹が北部に存在し、世界を見渡せるような大きさであることから『世界樹』と呼ばれている。
アンシア:かつて、この街は"地の時代"に起きた巨大地震により、街ごと大きく陥没した。
アンシア:その復興の際に、地底へと続く豊富な資源と危険な魔物を含んだ迷宮が発見された。
アンシア:クラン=ベル大神殿はエリンディル中に、大規模な探索依頼を張り出した。
アンシア:以来、数多の冒険者がこれを踏破せんと迷宮へと挑むが、最奥に辿り着いた者はついに現れなかった・・・。
アンシア:そんな中、君たちはその迷宮を踏破するためにやってきた冒険者である。
アンシア:生まれも育ちも、目的も違う4人の冒険者たちは、この迷宮の謎を解き明かすことが出来るのか?
アンシア:さぁ、武器を取り、巨大な迷宮への第一歩を踏み出そう!
アンシア:―――アリアンロッド2Eラビリンス
アンシア:「第一層 "夢の砦"」
アルシド:巨大な武器を手に取り巨大な迷宮を
アンシア:【クラン=ベル全体図】
アルシド:拙者コロシアムで生計立ててた者です
フレデリク:多分めっちゃ船の上駄目な人です
ラシェル:拙者借金で生計が崩れ去ってるものです
ラーミナ:あたしは普通だよ!
アンシア:大丈夫かねホントに…
ラシェル:←真面目系クズ
アルシド:ほんとに真面目なのか?
ラーミナ:クズの姉ちゃん!
アンシア:ではPCたちの自己紹介フェイズに入るよぉ 大神殿で待つか、ゴンドラの上で宿屋の主人と話すか選ぶんだねぇ
ラーミナ:ゴンドラ!
フレデリク:大神殿に行くぞ!
ラシェル:大神殿…
アルシド:じゃあゴンドラ
ラシェル:大神殿と彼女のツレ美味しいパスタ作ったお前
アンシア:【北に広がる大地】
ラーミナ:目を閉じれば億千の俺


アンシア:水上都市クラン=ベル。
アンシア:街の北には巨大な"世界樹"と呼ばれる巨木が枝を伸ばしており、自然と視界に入ってくる。
アンシア:それは、この街の至る所から確認でき、君たちの挑戦を待ち構えているかのようだ。
アンシア:その中でラーミナとアルシドはゴンドラで向かっている。


グルーヴィ:「ハハハ!お前らこれから迷宮に挑むのか!?」
ラーミナ:Groovy
ラシェル:GROOBY…
アルシド:グルゥ…
ラシェル:vだった
フレデリク:groovy・・・
ラシェル:まれに見る陽気なドゥアンだ
ラシェル:ドゥアンだいたい陽気な気がしてきた


アルシド:「…」返事はせずシカトしている
フレデリク:ソウルがフルだ


ラーミナ:「そうだよ!あのでっっっかい迷宮にチャレンジするんだぁ!」
グルーヴィ:「へぇ、その年でねぇ~~~頑張るなぁ」
ラーミナ:「これでもそこそこ強いんだから!」
グルーヴィ:「そっちの兄ちゃんはどうした?船酔い?大丈夫?」
ラシェル:妖精なので無邪気で許されるんですね・・・
ラシェル:てへ☆ミ (ハスキーヴォイス)
グルーヴィ:「船酔いはポーションじゃ治せねえからよ。気をつけるんだぜ!」
アルシド:「あァ?」
アルシド:ハスキー系だったのか
ラーミナ:「世界樹みたいなヘアーした兄ちゃんは元気だね!」
ラシェル:トゥバサが折れたエンジェ~ル
ラシェル:系
アルシド:「チッ、ガキにgroovyにうるせェ奴ばかり…」
グルーヴィ:「おっ嬉しいこと言ってくれるじゃないの。俺ァ大神殿とは別の島で宿屋やってるグルーヴィってんだ」
アルシド:「(まじでグルーヴィかよ)」
ラーミナ:「ダンサーかなにかと思ってた!」
グルーヴィ:「お前らは何て言うんだい?未来の常連の顔と名前くらいは覚えておきてェな」
フレデリク:名前を入れてください
ラシェル:えーとジョブは・・・グルーヴィかな…
ラーミナ:「あたしはラーミナ・ザ・インジェンス!ラーミナって呼んでね!」
アルシド:「…アルシド」名前だけ答えてまた世界樹の方へ目を向ける
ラーミナ:「ハルシ?」
アルシド:「…」シカト
ラーミナ:お前がハルシであるならばこの問に答えられよう
アルシド:なに?
ラーミナ:星辰…
グルーヴィ:「Groovy」
アルシド:しゃえい…
ラーミナ:お前もまたハルシだ。
アルシド:「そんなバカな…」
ラーミナ:「Groovy!」
グルーヴィ:「兄ちゃん。独りで行きたそうな顔してるけど多分神殿でチーム組まされるぜ」
アルシド:「…」(常連になりたくねえな)
アルシド:「は?」
グルーヴィ:「世界樹の迷宮でソロとか死んじゃうからな」
アルシド:「なんで」
アルシド:「…」
グルーヴィ:「あれ?知らないのか?大神殿の許しがないと迷宮探索ってできないんだぜ」
ラーミナ:「知らなかったの;p~~???プークスクス」
ラーミナ::)
ラシェル:無邪気でカワイイねえ
グルーヴィ:「嬢ちゃんとも組むかもしれないからな!仲間とは仲良くしとけよ!」キラッ
ラシェル:エライねえ~~~
ラーミナ:まぶしい
フレデリク::D
ラシェル:(・θ・)
アルシド:「…ガキは嫌いだ」
ラーミナ:「そうやって人を見下してるといつか自分に返ってくるよー!」
アルシド:「慣れてる」
ラーミナ:「カッコつけてても知らないんだからね!」
ラーミナ:「なれんなー!」
グルーヴィ:「知らないんだからねっ!」
ラーミナ:「ねっ!」
アルシド:「めんどくせぇ…」
フレデリク:良きシーンだ…
グルーヴィ:「おっと、着いたぜ。大神殿の島だ」
アルシド:孤高キャラ面倒くせえ!!!
ラーミナ:「あっ、あれ大神殿じゃない?」
アルシド:フン…
ラーミナ:↑闇パパ
アルシド:i'm your daddy
グルーヴィ:二人は大神殿のゴンドラを降りる。
アルシド:↑光
ラシェル:Noooooooooooo!!!
グルーヴィ:ゴンドラの運転手「はいよー、お代は20Gだぜ」
グルーヴィ:グルーヴィが懐から20Gを運転手に渡す。
ラシェル:↑(・θ・)
アルシド:船頭もやって宿屋もやって働き者だな!
グルーヴィ:「ハハハ、餞別さ。未来の常連様かもしれないからな」
ラーミナ:「グルーヴィ~~~~~!!」抱きつく(超重い)
ラーミナ:重量38の武装
ラシェル:重量35の少女ってどれぐらいなんだろう
ラシェル:白鵬ぐらい重いのかな
グルーヴィ:「元気でやおごォーっ!何食ってんだお前!」
アルシド:「おい、オレは貸しは作らねェ」
ラシェル:白鵬より重そうだった(48)
アルシド:「余計なことすんなオッサン」
グルーヴィ:「フフ、貸しじゃねえ。未来への投資さ!別の宿でもいいんだぜ?」
ラーミナ:「懐が大きいね!二重の意味で!」
アルシド:「…」
グルーヴィ:「ま、頑張れヨ!」といって再び船に乗り込んで別れを告げる。
ラーミナ:めっちゃ手を降ってる
ラーミナ:ノシ
アルシド:頭を掻いてさっさと大神殿へ向かっていく
ラーミナ:「あっ、待ってよ仏頂面の兄ちゃ=ん」
ラーミナ:~
グルーヴィ:小さくなっていくグルーヴィを背に二人は大神殿へと向かう。
アルシド:アルシドです
グルーヴィ:ではシーン変更して大神殿側の二人。
アルシド:ヘイヨーイッヌ


アンシア:ここは大神殿の応接室。


アンシア:「さて、本日付で迷宮に挑む許可を得たいと言ったのはあと2人…」
アンシア:「日付だけで集合時間は特に決めていなかったからねェ」


フレデリク:「ここでいいのか…ふむ…」


ラシェル:「まあ金にがめつい人はすぐ来るでしょう、アンシア」
ラシェル:「ところで私は今月もお金がなかったりしますよ」
アンシア:「お前さんは迷宮に挑む理由が分かりやすくていいね」
フレデリク:「今月…も…」
ラシェル:「冒険者らしいでしょう」
アンシア:「ま、お前のような意欲のある奴は評価するよ」
アンシア:「迷宮に挑むためにはギルドを組む必要があるからね。4人揃うまでは世間話でもしていようか」
アンシア:「そちらの顔色悪いのは名前はなんていうんだい?」
ラシェル:「いいですね…質に出してなければハープの音色を聞かせるのですが」
ラーミナ:ゴミ
アンシア:「お前リャナンシーちゃうんか」
ラーミナ:クズ
ラーミナ:カス
アルシド:よさないか
フレデリク:「冒険者ギルドというのは初めてなのだが」
ラシェル:「大丈夫ですよ、すぐ気持ちよくなります」
フレデリク:「皆こう…お金に困っているものなのか」
ラシェル:「もちろん」
ラーミナ:コイツ何いってんの?
ラシェル:(根拠のない自身)
ラシェル:自信
アンシア:「一攫千金を狙う輩は多いねぇ。迷宮内に宝は多い。…特に深層に行けば行くほど、ね」
ラシェル:「ところであなたは…お金目当てじゃないのですか?」
フレデリク:「目当て…宝を探す意味では私の目的も同じようなものだな」
ラシェル:「なるほど… あ、お名前はなんでしたっけ」
フレデリク:「マジックアイテムを探してるんだ…体質が変わるような…」
ラシェル:「ちなみに私はラシェル=ロメールと申します。 街で私の名前を出すと殴られるのでやめたほうがいいですよ」
アルシド:お前ほんまなんなん
ラーミナ:ええ…
ラーミナ:組みたくない!!
アンシア:何してきたんだホントに
グルーヴィ:仲良くするんだぜ!!
フレデリク:「私はフレデリックだ。ええと…ラシェル」
フレデリク:…さん
フレデリク:「いや、呼んだら殴られる…のか?」
ラシェル:真面目系クズあらため、いつでもクズすぎてそれが普通になってる系クズです
ラーミナ:ていうか真面目でもないんじゃない?
ラーミナ:ただのクズなんじゃなーい!?
アンシア:そうして話をしていると使いの者が扉を開き、残りの二人が到着したとの知らせが入る。
アルシド:ほら見た目が
ラーミナ:あたしだ!
ラシェル:「私と面と向かって喋る分には大丈夫ですよ、裏通りで喋ったらまあ危険ですけど」
アルシド:真面目に見える
ラシェル:「どうやらまじめな人と組めそうでよかった」
アンシア:「お、到着したかい。それじゃシーンを変更しようかねぇ」と言って席を立つ。
ラーミナ:メタい
フレデリク:シーン切り替えまで親切だ
フレデリク:「私は一気に不安になってきたぞ」
ラシェル:「実力は…まあ、なきにしもあらずなのでご安心を」


アンシア:大神殿の、厳格な雰囲気の中、エルダナーンの老婆が口を開ける。
ラシェル:「本業はバードなんですけどね、いろいろあって…」
アンシア:「お前たちは迷宮を踏破するためにクラン=ベルに足を運んだ冒険者だ」
フレデリク:「さっき楽器を質に入れたと聞いたぞ…」
アンシア:「一人で乗り込ませるのは危険だから本日付でギルドを組んでもらうよ」と4人に向かって言う。
ラシェル:「バレた」
アルシド:こらそこ喋らない
アンシア:「まずはお互いに素性を知っておくべきだろう。軽めに自己紹介をしてもらおうか」
アンシア:「キャラクターシートを見るのもいいが、実際に言葉を交わすのは大事さね」
アンシア:では今回PC順も決めてないので行動値の早い順から行ってみようかね…はいアルシド速かった
アルシド:このババア何が見えてやがる
フレデリク:「メタい」
ラシェル:「そうですね、プロフ欄だけ見ても人はわからないものです」
ラシェル:「私は妖精ですが」
アルシド:「ええ困る」
アルシド:あ、間違えた
フレデリク:「初期取得スキルしか書いていないからな…」
ラーミナ:「失礼します!」バーン
アルシド:「……こいつらと組むのか」
アンシア:「コラそこ帰らない」
アルシド:「……………………………(こいつらと組むのか)」
ラシェル:「よろしくお願いします」麗らかに礼
ラーミナ:「嫌な予感がビンビンします!」
ラシェル:「失敬な…ねえ、フレデリクくん」
フレデリク:「…」目をそらす
アルシド:「……アルシド」
ラーミナ:「(わっ、美人さんとイケメン…)」
アルシド:「コロシアム育ちだ」
ラーミナ:「(きっと2人ともすごい強い人なんだろうな~)」
ラシェル:「ラシェル=ロメールです 好きなものはマネーとスリルです」
アンシア:「コロシアムっていうとだいたいウォーリアだね」
アルシド:「オレは戦いに勝利して力をつけることが目的だ。戦闘において負けてもいいなんて少しでも思う死んだ奴らがいるならオレはテメェらと組むのは降りる」
ラシェル:「私と好相性ですよ よかったですね」
ラーミナ:「なんだちゃんと喋れるんじゃん」
アルシド:「あとオレに命令をするな。馴れ合いは嫌いだ、オレのやり方で戦う」
アルシド:「終わりだ」
アンシア:「ん、なんだい。もう知り合いがいたのかい?じゃあ次はそこのラシェル」
ラシェル:「はいはい」
アンシア:さっき聞こえた気がしたがもう一回言ってもらう
ラシェル:「現在諸々あってアコライトしてるラシェル=ロメールです エルダナーンじゃなくてリャナンシーですよ」
アルシド:紹介を終えるとさっさと近くの柱に移動して寄りかかる
ラシェル:「人格に問題が有るとよく言われますが腕には問題ないのでご安心を」
ラシェル:「好きなものは金とスリルです」
ラシェル:「ええ、特にマネーです」
ラシェル:「よろしくお願いします」
アンシア:「人格はさっきの応接室でよくわかったよ」
アルシド:人格に問題があるのが2り、体に問題があるのが1り、馬鹿力のいい子が1り
アンシア:「では次、そこの…」
ラシェル:ふらりとアルシドのそばによりかかる
アンシア:「顔がいいの」
フレデリク:「む、うむ…フレデリック・レガートだ。フレデリクでいい」
アルシド:高貴^~~~~~
フレデリク:「名前で呼んでくれ…」
ラーミナ:「イケメンのお兄ちゃん!」
ラシェル:「イケメンです」
フレデリク:「種族…は…エルダナーン…の亜種のようなものだ」
ラーミナ:「お兄ちゃん顔色悪いけど大丈夫?」
アンシア:顔がいいので問題ありません
フレデリク:「ああ、昔からあまり体の具合良くないんだ。それを治す方法を探している」
ラシェル:「なるほど…そういった宝を…」
アンシア:「体質をどうこう言っていたねぇ。迷宮内ならそういったものもあるかもしれないね」
フレデリク:「探すにしても先立つものは必要だし、体を鍛えれば解決するかもしれない」
フレデリク:「そういったマジックアイテムがあれば手っ取り早いがな」
ラーミナ:「おもったよりポジティブなんだね!良いことだと思う!」
ラシェル:「そうですよ、ポジティブささえあればどのような人生でも行きていけます」
ラシェル:「私のように」
フレデリク:「体質的に人と違う所はあるが問題なく冒険者業は出来るはずだ。多分」
ラーミナ:「…そうだね!」
フレデリク:「ええ…」
フレデリク:「ポジション的には盾…というを担当することになるのだろうか。耐久力はあるつもりだ」
アルシド:しかも顔もいい
フレデリク:「といった感じだな。よろしく頼む」
ラシェル:「なるほど、その鎧は伊達ではないということですか 期待しておきます」
ラーミナ:「病弱なのに耐久力があるって面白いね!」
アンシア:「では、最後の…。随分若いね」
アルシド:早くもまともな事言うと違和感を覚えるポジションを確立したな
ラーミナ:「ダイヤモンドみたいな。硬度は高いんだけど衝撃に弱いみたいな」
ラーミナ:「あっはい!」
ラーミナ:敬礼しながら
フレデリク:「(元気だ)」
ラーミナ:「ヴァンスター帝国天空兵団第5部隊より出向しました!ラーミナ・ザ・インジェンスです!元気とパワーが取り柄です!よろしくお願いします!」
アルシド:「(うるせえ)」
アンシア:「…ラーミナを見習いなお前たちも」柱の方を見ながら
ラシェル:「…めちゃくちゃエリートですね、なぜこんな場末に」
アルシド:「…」シカト
ラーミナ:「アロイス様が世界を見て来なさいと言うので!」
フレデリク:「彼女も…お金に困って…」
ラシェル:「見習いたいものですが借金を返さないと0地点にすら立てないので…」
フレデリク:「海抜何メートルぐらいなんだ今」
ラシェル:「そうですね…海の底を突き破って…冗談ですよ?」
アンシア:「さて、この4人で挑むわけだが…」
アンシア:「その前にギルド名と、ギルドリーダーを決めてもらおうか」
アルシド:「…」嫌そうな顔
ラシェル:「私をリーダーにしていいとお思いで?」
フレデリク:「…」周りを見渡す
アルシド:「…」そう、関係ないねって顔
アンシア:「ラーミナ。何かないかい?」
ラーミナ:キョロキョロ
フレデリク:「ラシェル以外なら私は誰でもいいな…」
ラーミナ:「えっと…その…」
ラーミナ:「り、リーダーやるます!」
アンシア:「お前たちもうちょっと主体性をだね」
アルシド:「お前がやれ色白」
ラシェル:「主体性を持ってラーミナちゃんにおまかせします」
ラーミナ:それは主体性とは言わないよ。
ラーミナ:ラーミナちゃんは知っているよ。
フレデリク:「む。立候補者が出ているな」
フレデリク:「…?」
アンシア:「お前たちもうちょっと甲斐性をだね」
ラーミナ:「おばあちゃん、別にあたしでも良いよ」
ラシェル:「自分の歳が3桁を超えると他の年齢とか気にならないので」
ラシェル:「それに若いうちにリーダーをすると良い経験に成りますよ」
フレデリク:「私も別にやっても構わないが…」
アンシア:「では2d6で出目のいい方をギルドリーダーにしようか」ダイスを取り出す
フレデリク:2d6
Arianrhod : (2D6) → 7[2,5] → 7

ラーミナ:2d6
Arianrhod : (2D6) → 9[3,6] → 9

アルシド:あーあー
ラシェル:わかってた
フレデリク:出目なら仕方ないな
ラーミナ:「大丈夫、何事もチャレンジですので!」
フレデリク:子供リーダーちゃん;;
ラーミナ:けなげ
ラシェル:「頑張ってください、補佐はおまかせを」
ラーミナ:普通にどうかと思う
アルシド:わかる
フレデリク:うむ
ラシェル:然り
アンシア:お前たち
ラーミナ:お兄ちゃんたち…
アンシア:「……では最年少ギルドリーダーのラーミナ。ギルド名はどうする?」
ラシェル:未来のエリートですねー 養ってほしいですねー
アンシア:既にエリートなんだよね
フレデリク:おばあちゃん…
ラーミナ:「うーん…迷宮から無事帰ってこられるよう願掛けで、『アリアドネ・スレッド』でお願いします!」
アルシド:この緑髪が一番未来がないと思う
ラシェル:「おお…アリアドネの糸ですか…若いのによく知っています」
ラシェル:「詩的にもすばらしい」
フレデリク:「楽器がないのが残念だな」
アンシア:「縁起のいい名だね。ではアリアドネ・スレッドで登録を済ませておこう」
ラシェル:「この冒険でどうにか取り戻さないとかなり不味いですね、仮にも詩人の腕はそれなりなのですよ私」
アンシア:「では、アリアドネ・スレッドには迷宮の探索許可証を発行するためのクエストをひとつ」
アンシア:「第一層を乗り越えられないようじゃその先に挑んでも無駄死にだからね」
アンシア:「さて、お前たちは"夢の砦"というのは知ってるかね?」
ラシェル:「ゴミ島ですね、流れ着く羽目になったことは何回か」
アルシド:「ゴミの砦」
ラーミナ:「あはは…」
アンシア:「そう、"世界樹"の根本にある、地盤沈下の際に沈んだ要塞跡のことさ」
アンシア:「百年ほど前からゴミ処理場として再利用していたんだけどね」
アンシア:「今では世界樹の影響か、樹海に飲み込まれちまってるのさ」
アンシア:「それで、この"夢の砦"を根城にした魔物が出るんだ」
アンシア:「冒険者には定期的にこれを退治してもらっている」
ラーミナ:「魔物…」
アンシア:「倒してもしばらくしたら湧いちまうもんでね」
ラシェル:「私も時々参加しておりましたからあそこの魔物の情報はおまかせを」
フレデリク:「なるほど、討伐ミッションというものですか」
アンシア:「そういうことさ」
ラシェル:知 力 7
ラシェル:なんで借金まみれになってんの?
ラーミナ:恥力の間違いじゃない?
アルシド:バカとなんとか
ラーミナ:恥を知れ♪
アルシド:やめないか
アンシア:「準備を済ませたら行ってきな。期限は今の月が変わるまでだ。吉報を待っているよ」
ラシェル:「おや、優しいですね 私の時は1日でやってこいとか行ってたくせに」
アンシア:「参加してたっけ?」
ラシェル:「ひどい」
ラーミナ:「それだけ期間があるんなら余裕だよね!」
フレデリク:「魔物の一部か何かを持って帰ればいいだろうか。それだけ時間があればなんとかなりそうだ」
ラシェル:「大神殿の方ぐらいは私を人扱いしてくれると思ったのに…妖精ですけど まあどうにかなるでしょうね」
アンシア:神官長補佐のエルダナーン、アンシアのクエストを受け大神殿を後にしたアリアドネ・スレッドは、街の北近郊へと向かうのであった。
ラシェル:果たして糸に導かれるか、糸に巻かれるのか… 
[メイン]どどんとふ:「ラシェル」がログインしました。
[メイン]どどんとふ:「ラーミナ」がログインしました。
[メイン]どどんとふ:「フレデリク」がログインしました。
[メイン]どどんとふ:「アルシド」がログインしました。
グルーヴィ:【北に広がる大地】
ラシェル:「ラララ 夢に芥に 思いは各々 集いしアリアドネ~♪」
グルーヴィ:Groovy.
ラーミナ:Groovy!
ラシェル:「眩しきグルーヴィと共に~♪」
フレデリク:眩しい
アンシア:というわけでダンジョンに潜るわけだけど、何か準備があれば今のうちだよ
ラーミナ:「あ、ダンジョン入る前に」
ラーミナ:◆神酒:グランアイン:メジャー。そのシナリオの間、使用者が行う武器攻撃のダメージに+3する。消耗品。
ラシェル:「人々の残滓が集まる島へとあら探しに~♪」
ラシェル:「おや、景気づけとは気が利きますね」
ラーミナ:「あたしのハンターってクラスはね。狩猟の前にこの神酒を皆で飲んで成功を祈るの」
ラーミナ:「(煽って)んっ、はい次っ」フレデリクに
フレデリク:「ふむ、文化の違い…そういうのもあるのだな」
ラーミナ:「フレーバーテキストにノンアルコールって書いてるから大丈夫だよ!」
アンシア:ノンアルコールなら子供でも安心だね
ラシェル:「なんだ、ノンアルですか」
フレデリク:「ではありがたく」グイッ
ラシェル:「13歳なのにロックだとは思いましたが」
ラーミナ:力が漲って来る感じがするよ。
フレデリク:「風味が良いな」ラシェルに渡す
ラシェル:「ありがとうございます」 グビッグビッ
ラシェル:「美味…」
ラシェル:「あ、どうぞアルシドくん」
アルシド:「…オレにゴミ捨てしろってのか?」すでに空の酒瓶
ラーミナ:「あっ!」
ラーミナ:「も~、今度は残しといてね!」
ラシェル:「はっ、つい」
ラシェル:「まだちょっと口に残ってますけど」
アルシド:「オレはいらねェ」瓶をラーミナに放り返す
ラーミナ:「よっと」
ラーミナ:「じゃ、改めていこっか!」
アンシア:では一部杯を交わした一行は街の北、世界樹の袂へと向かう。
アンシア:【垂水ノ樹海】


アンシア:巨大な世界樹の根本にある夢の砦。
アンシア:出発前に聞いた通り、元はゴミ処理場として利用していたようだが、今は木々に飲み込まれており、ほとんど樹海である。
ラシェル:「垂水の樹海…… 大昔は汚いところでしたが、いつしかここまで自然が支配を取り戻していたのですね」
ラーミナ:「はえ~…見事に樹に呑まれてるね」
ラシェル:「あそこが砦の見張り台跡なんですよ」
フレデリク:「…ううむ…」ふらふらしつつ
ラシェル:「そしてかつて私が飲んだくれてたのがあそこらへんです」
フレデリク:「木陰があるのが救いだな…」
ラシェル:「おや、大丈夫ですか?」
ラーミナ:「ほらほらまだ入ってもないよ!!」
アルシド:弱すぎひん?
フレデリク:「むしろ私的には入ってくれた方が助かるというか!」
ラシェル:「色白だとは思いましたが、太陽が苦手なタイプでしたか」
フレデリク:「なんというかこうたちくらみというか貧血というようなものだ…」
アルシド:「(騒がしい連中だな)」一番後ろを距離を空けて歩いている
ラシェル:「わかります、私も負けた後は太陽が憎いです」
ラーミナ:ゴミ
フレデリク:「それは絶対違う…」
アンシア:砦の中へと歩を進めていく一行の前には扉がある。
ラーミナ:ててててっと走っていって扉の前で止まる
ラーミナ:「…今気づいたけどあたし達シーフ居ないよね」
ラシェル:「ほほう罠を心配しているのですね」
アンシア:扉に特に仕掛けはなさそうだ。
フレデリク:「冒険者ギルドでは4つのクラスをバランスよくと聞いていたが」
ラーミナ:ウォーリア・ウォーリア・ウォーリア・アコライト
ラーミナ:ナナナ獣みたいな
アンシア:バランスってなんだ
ラシェル:「ここに、ファインドトラップの資格を持つプロアコライトがいるのですが」
アルシド:トラップ解除なら…(3d+6)
フレデリク:「ふむ、多芸だなぁ」
ラシェル:「…あれ」
ラシェル:「このPTウォーリア多くありません?」
ラシェル:「まあいいか、とりあえず調べましょう」
ラシェル:3d6+5 ファインドトラップ
Arianrhod : (3D6+5) → 14[3,5,6]+5 → 19

アンシア:特に仕掛けはなさそうな古びた扉だ。
アルシド:フレデリクガード!軽傷だが血を吐くフレデリク!
ラシェル:「ただ古いだけの扉ですね」
ラーミナ:「では、オープン!」
ラシェル:「いいパワーです、ラーミナちゃん」
ラーミナ:「小さいけれど力はあるからね!」
アルシド:埃は土を落としながら重厚な扉が音をたてて開いてゆく
フレデリク:フレデリックガードもダイナミックコードみたいで困るな
ラシェル:アルシドくんガード!!!
アンシア:最初の扉を開くと、広間に出る。
アルシド:ダイナミックフレデリク
アンシア:それと同時に獣の唸り声が君たちの耳に届く。その数は3体ほどで、既に君たちの存在に気づいているようだ。
アンシア:戦闘前に何か使用するスキルがあればここで使用してもいいし、しなくてもいい。
ラーミナ:「っと、いきなりお出迎えだね!」
アルシド:テメェこのロクデナシあとで覚えてろよ
ラシェル:まあまあ、癒やしは我が得手
ラシェル:タダで治してあげますから
ラーミナ:「初戦闘だよ!皆構えて!」
黒ずんだ魔物:「グルルルルル…」
ラシェル:「きゃー まもってー」
アルシド:助けられるたびに余計なことしやがってって顔するよ
フレデリク:「まずは肩慣らし、だな」盾を構える
アルシド:「獲物だ…」(ギラついた目になる
黒ずんだ魔物:【戦場 初陣】
ラシェル:世の中助け合いですよほらもっとにこにこしていいんですよ美人に助けられてるんですから
黒ずんだ魔物:それでは戦闘開始!
黒ずんだ魔物:セットアッププロセスから
アルシド:セットアップはないぜ!
黒ずんだ魔物:敵もなし
ラシェル:《コンコーダンス》   1 /パッシブ/対象:場面(選択)、射程:視界のすべての対象にエネミー識別を行える
黒ずんだ魔物:・・・?
アルシド:スキル取る時酒でも飲んでたんじゃねーか!?
ラーミナ: エ ン サ イ ク ロ ペ デ ィ ア 不 在
黒ずんだ魔物:どうやらエンサイクロペディアがないベアね
フレデリク:是非もなし
ラシェル:あれ?
ラシェル:コンコーダンスと間違えましたね
アルシド:開幕識別が欲しい!
黒ずんだ魔物:はい次ィ!
フレデリク:[コールスレイプニル]セットアップ/6
フレデリク:一応ユニコーンを読んでおくよ
フレデリク:呼ぶ
ラシェル:てへ☆ミ
黒ずんだ魔物:ラシェルさんスキルツリー間違えた感すごい
アルシド:黒いユニコーン…!
フレデリク:合図とともに光のゲートからユニコーンが飛び出してくるぞ
ラーミナ:「わっ、格好いい」
ラシェル:ラシェルさんは先日の深酒のせいで魔物の事を時間をかけないと思い出せないようだ…
黒ずんだ魔物:突如として出現したユニコーンに驚いている
ラーミナ:クズ
ラーミナ:《コンバットスタイル》1:セットアップ。貴方が取得しているハンターのスキルの「効果」に書かれている「《超大型》を取得」という制限をなくし、あらゆるエネミーに適応させる。この効果はマイナーで解除するか、シーン終了まで有効。コスト10
フレデリク:レベル早く上げなきゃ
アルシド:ロクデナシ
ラシェル:見たことは有る… しかし…頭痛が邪魔をします…
ラシェル:おのれ酒、二度と飲みませんよ 今夜まで
黒ずんだ魔物:ラーミナからみた世界は全てが《超大型》に見える
ラーミナ:ゴミ
アルシド:地の文でクズを加速させるのやめろ
ラーミナ:マントを投げ捨てる
アルシド:自己暗示力~~
フレデリク:これもアルコールってやつのせいなんだ
黒ずんだ魔物:ではイニシアチブプロセス!
ラシェル:「おや、美しい羽が」
フレデリク:「翼族だったのだな」
ラーミナ:「天空兵団って言ったよ!」
アルシド:「(まずは様子見だな)」
アルシド:魔物1に突っ込みます
アルシド:〈アップリフト〉3,マイナー,自動,【物理防御力】と【魔法防御力】に+[SL*2]する。ただし、あなたが行うリアクションの判定に-1Dする。この効果はマイナーアクションで解除を宣言するか、シーン終了まで持続する。 MP-3
ラシェル:「頑張れーアルシドくんー フレー♪」
アルシド:フリーで【連携】宣言
アルシド:【連携Ⅰ】〈フレイムバースト〉
アルシド:3d+5 命中判定
Arianrhod : (3D6+5) → 10[1,3,6]+5 → 15

襲撃する魔物:2d+8 回避判定
Arianrhod : (2D6+8) → 2[1,1]+8 → 10

ラーミナ:いきなりファンブルするGM
襲撃する魔物:は?
アルシド:2d+14 通常攻撃
Arianrhod : (2D6+14) → 7[3,4]+14 → 21

フレデリク:よこはち力を感じる
襲撃する魔物:魔物の硬い皮に阻まれあまりダメージは与えられていないようだ。
ラシェル:本日も低めに回っております
アルシド:切れ味のない大剣の鈍い一撃を腹にかます
アルシド:弱体:威圧のクリスタル
ラーミナ:大剣の剣戟によって<火>属性が場に付与されるよ!
フレデリク:ではそこに連携だ
襲撃する魔物:「グルルル…」アルシドに目線を向けている
フレデリク:継続を宣言
フレデリク:連係Ⅰ:シールドブーメラン:前提属性:火、風:発生属性:光
フレデリク:使用を宣言したキャラクターが行なう白兵攻撃はエンゲージしていない対象にも行なうことができ、その射程は10mとなる。
襲撃する魔物:「なにィ」
アルシド:「チッ…硬えか」
ラシェル:「(あの大剣…刃が潰してあるということは闘士向けのものでしょうか…)」
フレデリク:ムーブで移動
ラーミナ:ユニコーンに乗って翔けていくイケメンの兄ちゃんかっこいい!
ラシェル:黒馬は駈ける 魔に向かって 黒きマントはためかせ 白銀の髪をゆらし 赤き目でその腸をにらみながら
フレデリク:マイナーでディフェンダー
襲撃する魔物:最初からユニコーンに乗っていたというか鬼なる
フレデリク:敵の横っ面を盾で殴りつけて注意をそらすぞ
フレデリク:2d6+7 命中
Arianrhod : (2D6+7) → 7[3,4]+7 → 14

フレデリク:3d6
Arianrhod : (3D6) → 9[2,3,4] → 9

襲撃する魔物:2d+8 回避判定
Arianrhod : (2D6+8) → 8[4,4]+8 → 16

襲撃する魔物:「?」
フレデリク:?
襲撃する魔物:盾は魔物の頭上高くを通り抜けていった
フレデリク:なるほどなぁ
ラーミナ:連携攻撃終わっちゃったよ!?
アルシド:猛進するユニコーンに臆することなく魔物は回避!!
ラシェル:「…これで命中すればいい決めの詩が紡げたのですが」
ラーミナ:「流石に1回目だからね!どんまいどんまい!」
アルシド:「よく狙えや色白!」
フレデリク:「盾のコントロールが上手くいかなかったようだな」
フレデリク:「乗りながらは難しいんだほんと」
ラシェル:「まあまあ落ち着いて、案外その熊素早いですよ」
アルシド:はたして熊なのか?
襲撃する魔物:では魔物の手番
アルシド:識別が欲しい!
ラシェル:今の私にはクマのように見えます
フレデリク:識別欲しい!
襲撃する魔物:マイナーで威圧を解除
ラーミナ:識別が欲しい…!
ラシェル:識別ほしいですねえ
アルシド:↑
ラーミナ:↑
襲撃する魔物:2d+15 命中判定 対象:アルシド
Arianrhod : (2D6+15) → 8[2,6]+15 → 23

アルシド:受ける
フレデリク:カバーリング
アルシド:傷のアドレナリンで燃えるタイプ
フレデリク:「せめて役目は果たす!」
襲撃する魔物:6d+32 爪(格闘/双)
Arianrhod : (6D6+32) → 20[1,2,3,3,5,6]+32 → 52

ラシェル:5d6+10 (プロテクション+エフィシエント)
Arianrhod : (5D6+10) → 17[1,3,4,4,5]+10 → 27

フレデリク:カーン
ラシェル:「護りの盾よ…」
襲撃する魔物:「グワァーッ!ノーダメヤンケェー!」
ラーミナ:「喋った!?」
襲撃する魔物:「キノセイダベア」
ラーミナ:突っ込んでしまった…
アルシド:「…テメェ、余計なことすんじゃねえ」
フレデリク:「…すまない、だが油断できない相手だぞ」
襲撃する魔物_2:ムーブアクションで仲間の救援に向かう
ラシェル:「こらこらボーイズ、喧嘩はおやめなさい」
襲撃する魔物_2:2d+15 命中判定 対象:アルシド
Arianrhod : (2D6+15) → 7[1,6]+15 → 22

ラーミナ:「ほらほら敵来てるよ~」
襲撃する魔物_2:「オラァーン!!」
アルシド:「チッ」
フレデリク:「ッ」カバーリングするぞ
襲撃する魔物_2:6d+32 爪(格闘/双)
Arianrhod : (6D6+32) → 20[2,2,3,4,4,5]+32 → 52

ラシェル:5d6+10 (プロテクション+エフィシエント)
Arianrhod : (5D6+10) → 19[3,4,4,4,4]+10 → 29

ラシェル:「ラララ~♪」
襲撃する魔物_2:バインド》1 パッシブ:あなたが行なう武器攻撃が命中した場合、HPダメージの有無にかかわらず、あなたとこの攻撃の対象は移動が行なえない。この効果は、あなたか、武器攻撃の対象がマイナーアクションで解除を宣言するか、シーン終了まで持続する。
ラシェル:クリンチ! クリンチ!
フレデリク:「ぐっ…こいつ…!」
襲撃する魔物_2:魔物はフレデリクに腕を回している。
襲撃する魔物_2:「なっ!フレデリク!」
フレデリク:プリクラ撮りそう
ラーミナ:仲いいんじゃ~~~~~~ん
ラーミナ:言ってよ~~~~~~
黒ずんだ魔物:《魔術攻撃:火》1 メジャー:対象に魔法攻撃を行なう。この攻撃のダメージは[2d+10]の選択した属性の魔法ダメージとなる。
フレデリク:「ため口!小癪な!」
アルシド:フレデリクくん…その人、お友達…なのかな?
ラーミナ:そこ?
黒ずんだ魔物:3d+6 命中判定 対象:ラーミナ
Arianrhod : (3D6+6) → 9[2,2,5]+6 → 15

ラーミナ:「っ!」
ラシェル:人類皆フレンズ
ラーミナ:2d+2 回避判定
Arianrhod : (2D6+2) → 7[3,4]+2 → 9

黒ずんだ魔物:2d+7 魔術判定
Arianrhod : (2D6+7) → 10[4,6]+7 → 17

ラシェル:「…む、ついにこちらに」
黒ずんだ魔物:2d+10 魔術攻撃(火)
Arianrhod : (2D6+10) → 3[1,2]+10 → 13

ラシェル:5d6+10 (プロテクション+エフィシエント)
Arianrhod : (5D6+10) → 15[1,1,3,4,6]+10 → 25

ラーミナ:「あちっ!あちちちっ!」
ラーミナ:「あれ?」
黒ずんだ魔物:「・・・」
黒ずんだ魔物:「?」
ラーミナ:「ありがと!詩人のお姉ちゃん!」
ラシェル:「…流石にここらへんの端魔物であれば…ね?」
アルシド:識別ガバを払拭していく防御力
黒ずんだ魔物:おのれリャナンシーども!
ラシェル:「さて、そろそろなんとなく思い出してきましたよ あなた達のことを」
ラーミナ:パカラッパカラッ
ラシェル:識別します~
黒ずんだ魔物:ドウゾー
ラシェル:3d6+5 識別
Arianrhod : (3D6+5) → 10[1,3,6]+5 → 15

ラシェル:+2
ラシェル:「ああ、ベアとバーゲストでしたね」
ラーミナ:「よし、行くよ~」
黒ずんだ魔物:「バレてしまっては仕方ない」
フレデリク:「それで合っているんだな?よし」
ラーミナ:ムーブで移動!
襲撃する魔物:なんかきたもぉ~~
ラーミナ:斧を引きずりながら走っていく
ラシェル:「ああ、置いて行かれてしまいました」
ラーミナ:《スマッシュ》1:マイナー。白兵攻撃のダメージに+【筋力】する。メインプロセス終了まで持続する。コスト5
フレデリク:エンゲージが騒がしくなってきたな…
ラーミナ:《フェイタルハント》5:武器攻撃を行う。ダメージロールに+[SLx3]する。また、対象が《超大型》を取得しており、さらにバッドステータスを受けている場合、ダメージに+【筋力】する。コスト5
襲撃する魔物:(・(ェ)・)
ラーミナ:襲撃する魔物1に斧を振りかぶるよ!
ラーミナ:あっ殴れない…
ラーミナ:その熊は殴れない…
ラーミナ:メジャーを放棄するしか…
フレデリク:ちょっと?
ラーミナ:3d+6 命中判定
Arianrhod : (3D6+6) → 15[4,5,6]+6 → 21

襲撃する魔物:2d+8 回避判定
Arianrhod : (2D6+8) → 10[4,6]+8 → 18

襲撃する魔物:(・(ェ)・)…
ラーミナ:《スラッシュブロウ》1:DR直前。ダメージに+[(SLx2)D]する。シーン1回使用可能。コスト3
フレデリク:みんなもっと1とか2とか3とか出そうよ
襲撃する魔物:(´(ェ)`)
ラシェル:そんな低いダイスじゃ当たらないヨ?
ラーミナ:8d+53 《スマッシュハント》《フェイタルハント》《スラッシュブロウ》
Arianrhod : (8D6+53) → 26[2,2,2,3,3,4,4,6]+53 → 79

ラーミナ:「てーーーーーーいっ!!!」
ラーミナ:思い切り熊を袈裟斬りしちゃうよ!
ラーミナ:ズバーッ!バババーッ!!
襲撃する魔物:斧の一撃を食らったベアはよろめいている。
ラシェル:「あの一撃を受けて倒れないとは頑丈ですね」
襲撃する魔物:《ベアハッグ》1 クリンナップ:あなたが使用した《バインド》の効果を受けているキャラクターに10点のHPロスを与える。
ラーミナ:「うーん、倒せるかなって思ったんだけどね!」
襲撃する魔物:(・(ェ)・)ギューッ
フレデリク:ギュウ
ラーミナ:かわいい
ラシェル:メキメキ言ってます
フレデリク:「受けてるこっちとしては可愛くない重みだぞ」
アルシド:「(なんだこのガキのパワー…)」
アルシド:🐻
ラシェル:(・θ・)
ラーミナ:↑ひよこ
襲撃する魔物:第2ラウンド!
襲撃する魔物:セットアップ!
襲撃する魔物:《死の咆哮》1 セットアップ:使用する際、バッドステータスからひとつ選択。対象は【精神】でリアクションの判定を行なう。対象に選択したバッドステータスを与える。効果強度は1とする。
ラシェル:キュアとかないんで~
襲撃する魔物:対象はラシェル バッドステータスは毒
襲撃する魔物:2d+6 精神判定
Arianrhod : (2D6+6) → 3[1,2]+6 → 9

ラシェル:2d6+7 精神
Arianrhod : (2D6+7) → 8[2,6]+7 → 15

黒ずんだ魔物:「・・・」
黒ずんだ魔物:終了です(・(ェ)・)
ラーミナ:吠えろよ
ラシェル:「?」
黒ずんだ魔物:キューン…(死の咆哮)
ラーミナ:その顔をやめろ
ラシェル:そうですか(・θ・)
フレデリク:心が強い
アルシド:タフ
アルシド:タフクズ
ラシェル:《ウィークポイント》  1 /セットアップ/8 /エネミー識別に成功したエネミーに有効。対象が行うリアクションに-1Dする。
ラシェル:1に
ラシェル:2d6+7
Arianrhod : (2D6+7) → 5[2,3]+7 → 12

襲撃する魔物:なにィ
襲撃する魔物:イニシアチブ!
アルシド:〈連携Ⅰ:フレイムバースト〉連携攻撃,[両手剣],前提属性:[水、闇],発生属性:[火],使用を宣言したキャラクターが行う武器攻撃で1点でもHPダメージを与えた場合、対象に[スタン]を与える
ラシェル:「ベアの弱点は…そこですよ」
アルシド:〈バーサーク〉3,マイナー,自動,武器攻撃のダメージに+[SL*3]する。ただし、あなたが行なうリアクションの判定に-1Dする。この効果はマイナーアクションで解除を宣言するか、シーン終了まで持続する。 MP-3
アルシド:〈ソウルヒート〉1,〈バーサーク〉と同時に使用する。あなたは[狂戦士化(SL+1)]を受ける。ダメージ+[効果強度]D、リアクション自動失敗。 MP-3
ラーミナ:「なるほど、動きに規則性が!」
アルシド:「キヒッ」歯を覗かせる
アルシド:1へ
アルシド:3d+5 命中判定
Arianrhod : (3D6+5) → 11[3,4,4]+5 → 16

襲撃する魔物:1d+8 回避判定
Arianrhod : (1D6+8) → 3[3]+8 → 11

アルシド:2d+2d+14+9 威圧付与通常攻撃(ソウルヒート)
Arianrhod : (2D6+2D6+14+9) → 9[3,6]+8[4,4]+14+9 → 40

襲撃する魔物:アルシドの狂気じみた一撃に威圧される。
アルシド:「死ねゴラァ!!!!」
襲撃する魔物:魔物は息を荒げている。
アルシド:硬い(´(ェ)`)
ラーミナ:「わぁ」
フレデリク:「血の昂りを感じる…」
襲撃する魔物:そのまま倒れ伏した。
アルシド:「次だ…」
ラシェル:「ほう…バーサークでの狂化…」
フレデリク:私はクマにまだハグされているよ
襲撃する魔物_2:「ヨクモ1ヲーッ!!」
襲撃する魔物_2:2d+15 命中判定 対象:ラーミナ
Arianrhod : (2D6+15) → 5[1,4]+15 → 20

ラーミナ:2d+2 回避判定
Arianrhod : (2D6+2) → 12[6,6]+2 → 14

襲撃する魔物_2:「!?」
ラーミナ:あたしは出目が強いからね。
ラシェル:「お見事ですよ リーダー」
フレデリク:「これが天空兵団の身のこなしか」
ラシェル:「その調子で私を楽させてください」
黒ずんだ魔物:「なにやってんだベアー!」
ラーミナ:「ちゃんと働いてね?」
アルシド:武器の重量を活かした回避
ラシェル:「頭痛いんです」
ラーミナ:「さっきから魔物喋ってない?」
黒ずんだ魔物:《魔術攻撃:火》1 メジャー:対象に魔法攻撃を行なう。この攻撃のダメージは[2d+10]の選択した属性の魔法ダメージとなる。
黒ずんだ魔物:2d+7 魔術判定
Arianrhod : (2D6+7) → 6[1,5]+7 → 13

黒ずんだ魔物:対象:ラシェル
黒ずんだ魔物:2d+22 《魔術攻撃:火》
Arianrhod : (2D6+22) → 6[1,5]+22 → 28

ラシェル:「ほう…ラーミナさんは感受性が高いと見える…あの咆哮を言葉と捉えるとは」
ラシェル:2d6+2 (回避判定)
Arianrhod : (2D6+2) → 11[5,6]+2 → 13

フレデリク:スイッ
黒ずんだ魔物:「グオオオーッ」
ラシェル:「危ない」
フレデリク:「危機管理能力もばっちりのようだな!」
アルシド:ほんとうに?
ラシェル:「ふむ、ちょっとすわってハープでも… あ、無いんだった」
ラシェル:「頑張れー 応援してまーす」 メジャー放棄
黒ずんだ魔物:何してんだアイツ・・・
アルシド:余計な労力は使わないタイプ
フレデリク:とりあえず攻撃でもしておこうかな
フレデリク:3d6+7 命中
Arianrhod : (3D6+7) → 8[1,2,5]+7 → 15

襲撃する魔物_2:ベーッベッベッベ
フレデリク:じたばた
襲撃する魔物_2:2d+8 回避判定
Arianrhod : (2D6+8) → 7[2,5]+8 → 15

襲撃する魔物_2:「あっ」
襲撃する魔物_2:熊の腕の中でもがき 苦しむがいい
フレデリク:にげられない!
アルシド:何やってんだよミカァ!!
ラーミナ:「まだあたしが居るよ!」フォローに入る
フレデリク:永遠にッ‼
アルシド:「」
ラーミナ:《ウィング》1:ムーブ。天翼族。飛行状態になる。シーン終了まで持続する
ラシェル:「フラッフラですね、確かにここは屋根が崩落して太陽が燦々と降り注いでいるのもありますが」
ラーミナ:《スマッシュ》1:マイナー。白兵攻撃のダメージに+【筋力】する。メインプロセス終了まで持続する。コスト5
ラーミナ:《フェイタルハント》5:メジャー。武器攻撃を行う。ダメージロールに+[SLx3]する。また、対象が《超大型》を取得しており、さらにバッドステータスを受けている場合、ダメージに+【筋力】する。コスト5
ラーミナ:空中からの一撃ーっ!!
アルシド:あの武器の重さで飛べるわけ…
アルシド:飛んだアアアアアアアアアアアアアアア!!!???
ラーミナ:3d+6 命中判定
Arianrhod : (3D6+6) → 10[3,3,4]+6 → 16

ラシェル:「フライハーイ♪」
襲撃する魔物_2:2d+8 回避判定
Arianrhod : (2D6+8) → 4[1,3]+8 → 12

アルシド:「(飛べるのか…)」
ラーミナ:2d+54 《スマッシュ》《フェイタルハント》
Arianrhod : (2D6+54) → 8[2,6]+54 → 62

ラーミナ:飛び上がって急降下しながら斧を叩きつける
ラーミナ:↑何かとぶながら叩きつける技
襲撃する魔物_2:鋭い一撃に体力を半分近く持っていかれたようだ。
襲撃する魔物_2:「グワーッ!!」
フレデリク:「頭上が凄いことになっている」
アルシド:おお…ゴウランガ!
アルシド:魔物「フレデリクガード!」
襲撃する魔物_2:フレデリクを盾にします
襲撃する魔物_2:は?
フレデリク:グワー!?
ラーミナ:あっ
襲撃する魔物_2:クリンナップ
ラシェル:「見よ あの翼を 身の丈と同じ程の獲物を持った 鋭き技の冴えを」
襲撃する魔物_2:《ベアハッグ》1 クリンナップ:あなたが使用した《バインド》の効果を受けているキャラクターに10点のHPロスを与える。
フレデリク:ぎゅむう
アルシド:離さんぴょん
ラシェル:「ああ、ハープがないのが恨めしい」
襲撃する魔物_2:基本アカペラなのが悲しいベアね
ラーミナ:(・(ェ)・)
襲撃する魔物_2:第3ラウンド!
襲撃する魔物_2:《死の咆哮》1 セットアップ:使用する際、バッドステータスからひとつ選択。対象は【精神】でリアクションの判定を行なう。対象に選択したバッドステータスを与える。効果強度は1とする。
フレデリク:「うーん…腰の辺りが痺れてきたぞ」
ラーミナ:「だいじょうぶ!?」
襲撃する魔物_2:対象:フレデリク
襲撃する魔物_2:2d+6 精神判定
Arianrhod : (2D6+6) → 8[2,6]+6 → 14

フレデリク:2d6+4 [精神]
Arianrhod : (2D6+4) → 8[3,5]+4 → 12

襲撃する魔物_2:ガオオーーーッ!!(毒(1))
アルシド:あーあー
ラシェル:「踏んだり蹴ったりですね」
ラシェル:《ウィークポイント》  1 /セットアップ/知力/8/エネミー識別に成功したエネミーに有効。対象が行うリアクションに-1Dする。
フレデリク:「頭も痛くなってきた…」
ラシェル:2d6+7 (知力判定)
Arianrhod : (2D6+7) → 9[3,6]+7 → 16

フレデリク:「太陽光が届かない場所に行きたい…」
アルシド:今後は地下に潜っていくから…
襲撃する魔物_2:イニシアチブ!
アルシド:〈連携Ⅰ:フレイムバースト〉連携攻撃,[両手剣],前提属性:[水、闇],発生属性:[火],使用を宣言したキャラクターが行う武器攻撃で1点でもHPダメージを与えた場合、対象に[スタン]を与える
襲撃する魔物_2:こ、こいつら初陣とは思えない連携攻撃をしてやがる…!最後まで行ったことないけど…!!
ラーミナ:やめろ
アルシド:3d+5 命中判定
Arianrhod : (3D6+5) → 6[2,2,2]+5 → 11

アルシド:振り直す
アルシド:3d+5 命中判定
Arianrhod : (3D6+5) → 11[1,5,5]+5 → 16

襲撃する魔物_2:1d+8 回避判定
Arianrhod : (1D6+8) → 6[6]+8 → 14

アルシド:〈ブルータルストライク〉効果参照,シーン1回,[狂戦士化]を受けている時に使用可能。白兵攻撃と同時に使用する。その攻撃のダメージロールでは対象の【物理防御力】と【魔法防御力】を0とみなしてHPダメージを算出する。
ラーミナ:運命に介入した
アルシド:2d+2d+14+9 威圧付与通常攻撃(ソウルヒート)
Arianrhod : (2D6+2D6+14+9) → 4[1,3]+10[5,5]+14+9 → 37

襲撃する魔物_2:防御無視あんじゃ~~~~~んゆってよ~~~~~~
アルシド:「くたばれボゲェ!!!」
襲撃する魔物_2:鈍い一撃をもらってフラフラしている。
フレデリク:連携を継続
フレデリク:連係Ⅰ:シールドブーメラン:前提属性:火、風:発生属性:光
アルシド:「チッ…」
フレデリク:[イートザミート]マイナー/携帯しているにくを使用する。武器攻撃のダメージに+[にくの効果で回復した【HP】の値]する
フレデリク:1d+32 回復[ユニコーン騎乗]
Arianrhod : (1D6+32) → 2[2]+32 → 34

フレデリク:20点+
ラーミナ:「お腹すいたの?」
アルシド:お前ナタリにそのにくの回復力くれよ
襲撃する魔物_2:「ウマソウ」
フレデリク:もぐもぐ
襲撃する魔物_2:抱きしめながら
ラーミナ:あなたの気持ちを伝えて
ラーミナ:理由のない
襲撃する魔物_2:る
ラーミナ:涙が
ラーミナ:こぼれ
ラシェル:「抱きしめられながら食事とはなかなか器用な」
フレデリク:「そしてくらえ!」抱きしめられながら
ラーミナ:はやい!!
フレデリク:3d6+7 命中
Arianrhod : (3D6+7) → 12[2,4,6]+7 → 19

アルシド:血や肉になるものを摂取せざるを得ない
襲撃する魔物_2:1d+8 回避判定
Arianrhod : (1D6+8) → 3[3]+8 → 11

フレデリク:2d6+9+20 ダメージ
Arianrhod : (2D6+9+20) → 4[2,2]+9+20 → 33

フレデリク:「これでやっと自由になれたな」
襲撃する魔物_2:ベアはそのまま倒れた
フレデリク:血をまとわせた剣を懐に突き刺す感じかな
フレデリク:[ライフドレイン]パッシブ/武器攻撃で1点でもHPダメージを与えた場合、あなたの【HP】を5点回復する。
フレデリク:37点回復[ユニコーン騎乗]
ラーミナ:すごい漢だ
黒ずんだ魔物:「あの人間離れした奴なんなん」
ラシェル:「(あの技…)」
黒ずんだ魔物:《魔術攻撃:火》1 メジャー:対象に魔法攻撃を行なう。この攻撃のダメージは[2d+10]の選択した属性の魔法ダメージとなる。
ラーミナ:「お兄ちゃんかっこいい~」
黒ずんだ魔物:考え事をしているラシェルに火の玉が飛んでくる
フレデリク:MPは回復しないから…
黒ずんだ魔物:2d+7 魔術判定
Arianrhod : (2D6+7) → 2[1,1]+7 → 9

黒ずんだ魔物:「アアーッ!?」
ラシェル:「…?」
フレデリク:?
ラーミナ:またファンブル…
ラシェル:「何か御用でしょうか」
黒ずんだ魔物:20m先の的って当てるの難しいベアね
ラーミナ:お、そうだね
アルシド:(´(ェ)`)
フレデリク:遠くのものに当てるのって難しいよね
ラシェル:横になる
ラシェル:(メジャー放棄)
アルシド:ムカつくぅ~~↑
ラーミナ:やるぅ~~
ラーミナ:じゃ、あたしね!
ラシェル:「あたまいたい… これを枕に…」
ラーミナ:ムーブで移動
フレデリク:「なんという余裕だ」
ラーミナ:通常攻撃のみで!
ラーミナ:3d+6 命中判定
Arianrhod : (3D6+6) → 15[3,6,6]+6 → 21

黒ずんだ魔物:2d+4 回避判定
Arianrhod : (2D6+4) → 8[2,6]+4 → 12

フレデリク:ダイス目の格差を感じる
ラーミナ:4d+29 通常攻撃
Arianrhod : (4D6+29) → 19[3,4,6,6]+29 → 48

アルシド:ふざきんあ!!
ラーミナ:「攻撃力はぁ…当所でカバーーーッ!!」
黒ずんだ魔物:「アバーッ!!」
黒ずんだ魔物:半分近く飛びました
ラシェル:「ほら、彼女なら余裕だと思ったからこうして私も余裕を見せているのです」
黒ずんだ魔物:クリンナップ
黒ずんだ魔物:セットアップ!
黒ずんだ魔物:《死の咆哮》1 セットアップ:使用する際、バッドステータスからひとつ選択。対象は【精神】でリアクションの判定を行なう。対象に選択したバッドステータスを与える。効果強度は1とする。
黒ずんだ魔物:2d+6 精神判定
Arianrhod : (2D6+6) → 7[2,5]+6 → 13

ラーミナ:2d+4 星辰判定
Arianrhod : (2D6+4) → 5[1,4]+4 → 9

黒ずんだ魔物:対象はラーミナ
フレデリク:?
黒ずんだ魔物:何判定それ?
ラーミナ:ゴメン(素)
黒ずんだ魔物:イニシアチブ!
アルシド:突っ込むぅ!
アルシド:〈連携Ⅰ:フレイムバースト〉連携攻撃,[両手剣],前提属性:[水、闇],発生属性:[火],使用を宣言したキャラクターが行う武器攻撃で1点でもHPダメージを与えた場合、対象に[スタン]を与える
アルシド:〈バッシュ〉1,メジャー,命中,単体,武器攻撃を行う。ダメージロールに+[SLd] MP-4
アルシド:3d+5 命中判定
Arianrhod : (3D6+5) → 7[1,2,4]+5 → 12

アルシド:うっそだろ
黒ずんだ魔物:2d+4 回避判定
Arianrhod : (2D6+4) → 9[4,5]+4 → 13

ラーミナ: 
アルシド:なっさけない
黒ずんだ魔物:ヒョイーッ
ラーミナ: 
フレデリク:なるほどな
黒ずんだ魔物:2dは甘え
アルシド:大振りの攻撃はたやすく避けられます
ラシェル:「哀しき風切り音が聞こえます」
ラーミナ:「お兄ちゃん、舐め過ぎだよ~」
アルシド:「避けんなボゲェ!!!」
黒ずんだ魔物:《魔術攻撃:火》1 メジャー:対象に魔法攻撃を行なう。この攻撃のダメージは[2d+10]の選択した属性の魔法ダメージとなる。
黒ずんだ魔物:2d+7 魔術判定 対象:アルシド
Arianrhod : (2D6+7) → 5[1,4]+7 → 12

フレデリク:[カバーリング]ダメージロールの直前/3/対象にカバーを行なう。行動済みでもカバーを行なうことができ、未行動の時にカバーを行なっても行動済みにならない。
フレデリク:+カバームーブ
黒ずんだ魔物:2d+22 《魔術攻撃:火》 アルシドに向かって反撃
Arianrhod : (2D6+22) → 7[2,5]+22 → 29

ラシェル:「あ、無事ですかー?」
フレデリク:「これぐらいなら平気だ」
ラシェル:「頼もしい では後はおまかせzzz」
フレデリク:ムーブで移動
フレデリク:[イートザミート]マイナー/携帯しているにくを使用する。武器攻撃のダメージに+[にくの効果で回復した【HP】の値]する
黒ずんだ魔物:ヒエッ
フレデリク:1d+32 回復[ユニコーン騎乗]
Arianrhod : (1D6+32) → 2[2]+32 → 34

フレデリク:3d6+7 命中
Arianrhod : (3D6+7) → 7[1,1,5]+7 → 14

フレデリク:振り直したいなぁ
フレデリク:3d6+7 命中
Arianrhod : (3D6+7) → 8[1,1,6]+7 → 15

アルシド:うっそ
黒ずんだ魔物:2d+4 回避判定
Arianrhod : (2D6+4) → 7[3,4]+4 → 11

フレデリク:出目どうしたの?
黒ずんだ魔物:フゥ…
アルシド:アルシドなら避けられてた
ラーミナ:あたしは このギルドのみらいをいぶかしんだ
フレデリク:2d6+9+29 ダメージ
Arianrhod : (2D6+9+29) → 2[1,1]+9+29 → 40

アルシド:は?
ラシェル:PCの体調と精神にダイスが持ってかれてる
ラーミナ:?
ラシェル:(・θ・)?
フレデリク:?
黒ずんだ魔物:?
黒ずんだ魔物:あっ
フレデリク:ちょっと最近出目の調子が良すぎたからな…
フレデリク:振り戻しがね
黒ずんだ魔物:気を取られているうちにフレデリクの一撃に倒れた。
ラーミナ:「ナイス1」
ラーミナ:!
黒ずんだ魔物:【至宝を得よ】
アンシア:ドロップ品ロールの時間だよ。
ラーミナ:「わーい、戦闘終了!」
ラーミナ:マントを羽織る
ラシェル:「さて、お宝あさりの時間です」
フレデリク:ベアを
ラシェル:ベア1にFT1点
ラーミナ:3d バーゲスト ドロップ
Arianrhod : (3D6) → 7[1,1,5] → 7

ラシェル:4d6
Arianrhod : (4D6) → 10[1,2,3,4] → 10

フレデリク:3d ベア
Arianrhod : (3D6) → 13[4,4,5] → 13

アルシド:「クソが…やっぱ組むのは調子が狂う」
アンシア:魔獣の爪(100G)
アンシア:熊の手(1000G)
ラーミナ:「う~ん、まだまだギルドでの戦闘では課題有りだね」
アンシア:熊の手(1000G)x2
ラシェル:「お、うまく切り出せました 美味しいんですよこれ」
フレデリク:「これも持っていけそうだ」
フレデリク:「腕は二本あるからな…」
ラシェル:「上手ですね」
ラーミナ:マントの中にドロップを収納
アンシア:君たちは戦闘を終え、探索へと戻る。
アンシア:【垂水ノ樹海】
ラーミナ:6d+6 MPポーションx3
Arianrhod : (6D6+6) → 27[4,4,4,4,5,6]+6 → 33

ラーミナ:ピッタリ全回復。調整しました
アルシド:ハイMPポーション1本使う
アルシド:4d
Arianrhod : (4D6) → 17[3,3,5,6] → 17

ラシェル:MPポーション3つで
ラシェル:6d6+6
Arianrhod : (6D6+6) → 19[1,1,2,3,6,6]+6 → 25

フレデリク:野菜を二つ食んでMP10点回復
アンシア:草食系男子
フレデリク:もしゃもしゃ
アルシド:疲れた…
フレデリク:血と肉も好きだよ
アルシド:血?
ラーミナ:「さてと!次の部屋いこっか!」
アルシド:怪しい奴め
ラシェル:Blood?
フレデリク:レアがいいって意味だよ
アルシド:ふーん
ラシェル:「さて、どちらに行きますか?」
ラシェル:hum...
フレデリク:「近くの扉から巡っていこう」
アンシア:夢の砦を探索している君たちの目の前に一つの人影が見えた。
アンシア:人影はこちらに気づいたようで、気さくに話しかけてきた。


グラシア:「こんにちは。あなたたちも新米冒険者?」
ラーミナ:赤髪ィ!!!!
グラシア:外套を羽織っていて体型は分からないが、声色から女性であることが伺えるだろう。
グラシア:「私はグラシア。ただの旅人よ」
ラーミナ:「こんにちは!あたしはラーミナ!まだギルド組んだばっかりなの!」
アルシド:先客!怪しい奴め!
ラーミナ:持ち前の人懐っこさで話しかけに行く
ラシェル:「あなたも探索中ですか、我々はアリアドネと申すギルドです」
ラーミナ:コミュ障
グラシア:「じゃあ一番楽しい時だね。フフフ」
フレデリク:「君は一人なのか?」
グラシア:「仲間を待っているの」
ラーミナ:「1人でだいじょうぶ?」
アルシド:お互い慣れてないから一番疲れる時だね
ラシェル:「なかなか物騒なところで待ち合わせをしていますね」
グラシア:「ええ、こう見えても強いのよ?」
グラシア:「仲間は先に行ったんだけど…遅いなぁ」
アルシド:「…」目を細める
グラシア:「…あなたたちはどうして迷宮に足を運ぶの?」
ラシェル:「金です」
グラシア:「冨?名声?力?」
ラーミナ:「即答ゥー!」
グラシア:「あはは!分かりやすくていいわね!」
ラシェル:「マネーです」
フレデリク:「早い」
ラーミナ:「あたしは世界を見るため…かな?」
アルシド:「ロクデナシめ」
フレデリク:「自身の鍛錬と魔道具とかだろうか」
グラシア:「そんなにバラバラなのによくさっきの戦闘で生きていられたわね!」
アルシド:「答える義理はない」
ラーミナ:「あっ、見てたんだ。ちょっと恥ずかしいな」
グラシア:「それもそうね」
フレデリク:「うむ、生きていてよかった…」
ラシェル:「私はのんびり出来ましたがね」
グラシア:「…そうだ。疲れているならここで一休みしていくといいかも。魔物避けの香を炊いているからしばらく休めるよ」
グラシア:「あと1回くらいなら《レストタイム》と同じ効果が得られるはずだから」
グラシア:《レストタイム》シーン終了時:HPとMP回復を行なう。【HP】と【MP】を[2D+CL]点回復する。
アルシド:ボス戦に行くまでに置いておいてくれ!
グラシア:帰ってこられるかな?
ラーミナ:「ありがと!今は大丈夫だから、また後で来るね!」
アルシド:厚かましい
グラシア:「もう少ししたら私は第二層に降りるから、あなたたちが第一層を乗り越えられたらその時にまた会いましょう」
グラシア:「あなたたちにも豊穣の神アエマ様の御加護があらんことを」
ラーミナ:「ありがと!」
ラシェル:「あなたもお達者で」
ラーミナ:あたしもアエマ様信仰してます
ラシェル:私もですよ
グラシア:手を振って別れを告げる。
フレデリク:「ありがとう、また会いたいものだ」
フレデリク:私もです
アルシド:拙者ダグモデア
アルシド:アれ?
アルシド:拙者だけだな?
ラーミナ:異教徒だ!!
ラシェル:アエマ信仰してると農家の方が優しくしてくれましてね
ラーミナ:クズ
ラーミナ:近づかないで
アルシド:ロクデナシ
フレデリク:やめて品位が下がっちゃう
ラーミナ:ラーミナちゃんに良くない影響を与える
ラシェル:実利が伴わない信仰など…
アルシド:お前とは口聞かん
グラシア:ひどすぎる…
ラーミナ:手を振って次の部屋へ行くね!
フレデリク:4へは扉があるのかな?
ラシェル:ちょっと待って! トラップサーチしてないやん!
ラシェル:まま、ええわ
アンシア:部屋の中は木々が生い茂っており、幹が縦横無尽に張り巡らされている。
アンシア:その中でもひときわ大きな樹が君たちの視界に入る。15mはあるだろうか。
アンシア:それではここで部屋に入ったPC全員危険感知判定を振ってください。
ラーミナ:「わっ、大きな樹」
アルシド:ヌッ
フレデリク:私は日光でフラフラしている…
ラーミナ:2d+4 感知!
Arianrhod : (2D6+4) → 9[4,5]+4 → 13

アルシド:2d+6 感知判定
Arianrhod : (2D6+6) → 6[3,3]+6 → 12

フレデリク:2d6+2 [感知]
Arianrhod : (2D6+2) → 10[4,6]+2 → 12

ラシェル:「国敗れて…と言ったところでしょうかね」
ラシェル:3d6+5 危機感知
Arianrhod : (3D6+5) → 16[5,5,6]+5 → 21

アルシド:なんやおまえ
アルシド:腹立つな!
フレデリク:日常生活のリスクもちゃんとサーチして
アンシア:君たちが部屋の様子に気を取られていると、懐を何かがすり抜けていった。リスだ!
アンシア:しかし特に何も取られることはなく、大樹の中へとそそくさと大木の中に入っていき、視界から消えた・・・
ラーミナ:「わっ、びっくりしたあ」
ラシェル:「…ふふ、リスのスリですか…」
アンシア:幹の中は腐食が進み、人一人入れるほどの「うろ」が出来ている。
アンシア:もしかしたら中にリスたちの巣があるかもしれない。
アルシド:「…」
アルシド:無言で追う
アンシア:自信があれば登攀による【筋力】判定で挑戦してみるのもいいだろうし、無理に挑戦しなくても良い。
フレデリク:「野生動物か…」
アンシア:・登攀ルール
【筋力】判定に成功した場合、移動力÷2m登攀することができる。
→失敗した場合、【敏捷】判定を行い、成功した場合移動力÷2m滑り落ちるだけで済む。
→さらに失敗した場合、落下して2d6のHPロスを受ける。

ラシェル:「アルシドくんが無言で追いましたね」
フレデリク:「気を付けるんだぞ、リスは敵だ」
アンシア:リスは嫌だね
アルシド:3d+7 登攀判定(アスレチック)
Arianrhod : (3D6+7) → 12[2,4,6]+7 → 19

ラシェル:「何かいいものがあったら持ち帰ってくださいね~」
アルシド:移動力17
アンシア:9mほど駆け上がっていった。
アンシア:まだ巣は見えない・・・
アルシド:3d+7
Arianrhod : (3D6+7) → 13[3,4,6]+7 → 20

アンシア:アルシドは見事に幹の中を登攀し、リスの巣を発見する。
ラーミナ:「無愛想なお兄ちゃん行っちゃった」
アルシド:大剣担ぎながら悠々と登っていった
アルシド:「よう」
フレデリク:「よくあの装備で登れるな」
アンシア:リスは驚き逃げ出してしまうが、冒険者から盗んだであろうHPポーションが1d6個ほどと、聖水が1つ置いてある。
ラシェル:「金目のものはありましたか~?」
フレデリク:私は木陰で休んでいるよ
アルシド:「ヘッ、良いもん持(盗)ってんじゃねェか」
アルシド:1d6
Arianrhod : (1D6) → 1

ラーミナ:上をぐーっと眺めてるよ
アルシド:w
アンシア:アルシドは幹の中をするするとHPポーションを抱えて降りてくる。
ラーミナ:あたしのギルドメンバーなんなん?
フレデリク:今回1多いですね
アルシド:しけてやがる
アルシド:「…」無言で降りる
ラーミナ:?
ラーミナ:6多いけど?
アンシア:リスは木の上から恨めしそうにこちらを見ている…冒険をする上で長い付き合いになりそうな予感さえする。
フレデリク:これがわからない
アルシド:「ん」聖水とポーションを面々に突き出す
ラーミナ:「わっ、すごい!」
ラシェル:「聖水とポーションですか、まあここらへんでは貧乏人しか通らないでしょうしねえ」
フレデリク:「ポーションと…聖水だな」
フレデリク:「任せよう」
ラシェル:「任せよう」
アルシド:何本かは割れててマシなのは1本しかなかったってことにしてくれ
アルシド:///
アルシド:「そうか」
アンシア:一行はリスの巣から貯め込んでいたポーションと聖水を手に入れ、探索へと戻る・・・
アルシド:先が思いやられるとはこのこと
フレデリク:連携できないマンたちの冒険は続く…
ラーミナ:ま、まだ始まったばかりだから!
[メイン]どどんとふ:「アンシア」がログインしました。
[メイン]どどんとふ:「ラシェル」がログインしました。
[メイン]どどんとふ:「フレデリク」がログインしました。
[メイン]どどんとふ:「ラーミナ」がログインしました。
[メイン]どどんとふ:「アルシド」がログインしました。
アンシア:【垂水ノ樹海】
アルシド:180くらいじゃないの
アルシド:ひどい目にアッた
アルシド:アッ
アルシド:組んだばかりの感じのこのグダグダ感は意図せずだけどいいRPだと思うよ
ラーミナ:「=」
ラーミナ:「~♪出来たっ」
アルシド:=
ラシェル:「どうしました? 小銭でも落ちてましたか?」
ラーミナ:アルシドがリスの巣を探索している間にスラスラと絵を描いてました
アルシド:クズ
ラシェル:「おや、上手ですね」
ラーミナ:「んとね、アリアドネスレッドのギルドシンボル描けたの!」
アルシド:ほんとに?
ラーミナ:【アリアドネスレッド・ギルドシンボル】


アルシド:上手いんだけどおおおおお
ラーミナ:ここをコマとする
アルシド:4-7をキャンプ地とする!
ラシェル:「アリアドネの糸とはすなわち蜘蛛が編んだもの、そして迷宮… いいせんす、です」
ラーミナ:「こんな感じかな!」
グルーヴィ:Groovy.
アルシド:うるさい気が散る
ラシェル:「…しかし時が経つのは速いものですね、また来ようと思ってるうちに人は消え、建物は朽ち果てているとは」
アルシド:なんだお前か
[メイン]どどんとふ:「フレデリク」がログインしました。
アンシア:【垂水ノ樹海】
ラーミナ:「詩人だね!」
アンシア:部屋の奥から二人組の声が聞こえる。どうやら休憩を取っているようだ。
ラシェル:「ふふふ、もっと褒めてください」


ヴェルター:「いッ…!!もうちょっと優しく包帯巻けねーのかこの器用2がよォ!?」


ファリネ:「ええ…ヴェルターが突っ走らなければいいのに~…」
ヴェルター:「ああーん!?最終的に無事ならいいだろ!」
ラシェル:「おや、こちらにも人が」
ヴェルター:「よーし、次こそは…ん?お前らも新人?」
ラーミナ:「こんにちは!あたしはラーミナ!」
ラシェル:「かもしれません」
ラーミナ:「今日は新人がいっぱいなのかな?」
ヴェルター:「俺はまだ駆け出しギルドの"エアフォルク"のリーダー、ヴェルター!こいつは相棒のファリネ」
フレデリク:「そういうことになるのだろうな、うむ」
ヴェルター:ヴェルターが快活に笑いながら自己紹介をする。
ラシェル:「我々はアリアドネスレッド、同じく駆け出しです」
ラシェル:「そして私は借金女王ラシェルです」
ヴェルター:「おう、よろしくな!って…」
アルシド:「(うるせえ奴しかこねえのか大神殿には)」
ヴェルター:「…あれ、よく見たらお前アルシドか!?」
ヴェルター:「借金女王は知らんが!」
フレデリク:「仰々しくも不名誉な二つ名が付いているのだが…」
フレデリク:「知り合いか?」
ラーミナ:「そんな不名誉なあだなすててください」
ラシェル:「返済すれば女王になれるかもしれません」
アルシド:「…相変わらずうるせえなテメェ」
ラーミナ:「それはどうだろう…」
ラシェル:「まあまあ、感動の再開のようですから静かにしましょう」
ヴェルター:「おー!覚えててくれたのか!ハハハ!」
ラーミナ:「格好から見るに、闘技場仲間?」
ヴェルター:「まさかあのコロシアムの一匹狼がギルド組んで冒険してるとはなァ!世の中何があるか分からねーもんだ!」
アルシド:「うるせえ奴は極力忘れてえんだがな」
ラシェル:「私は比較的静かですよ?」
フレデリク:「…?」
ラーミナ:?
ヴェルター:「ハハハ!照れんなよ!同じグラディエーターのよしみじゃねえか」
ヴェルター:?
アルシド:「テメェこそコロシアムはどうした。飽きたか」
ラーミナ:静かだけどうるさいよね
アルシド:?
ヴェルター:「ああ!飽きた!ってのは冗談だけどな!」
アルシド:顔も静かだけどうるさいよな
ヴェルター:「ファリネの父親が迷宮で行方不明になったらしいんだよ」
フレデリク:「迷宮に潜る目的が出来たとか、だろうか」
ラーミナ:「えっ、それは大変!」
アルシド:(オレ組みたくて組んでるわけじゃねェがな)
ヴェルター:「まぁ幼馴染だし?何とかしてやりてーと思ってよー」
アルシド:良い子だねお前
アルシド:↑見習えよ
ラシェル:「なるほど…素晴らしい心がけです」
ラーミナ:セルフツッコミの兄ちゃん
ヴェルター:「まま、今はお互い冒険者同士で闘士じゃねえ。仲良くしようぜ」といってアルシドに対し握手を求めてくる。
ラーミナ:略してセミの兄ちゃん
アルシド:「馴れ合いは嫌いだって言ったろ」(握手を拒否する
ヴェルター:「ったく、相変わらずつれねーなぁ…」
ラーミナ:「むむむ」
ラシェル:「じゃあせっかくなので私と」
ファリネ:「ええ・・・」
ラーミナ:それいる?
アルシド:なんやねんきみ
ラシェル:「こう、せっかく冒険に出たんですから友好を深めたいじゃないですか」
ラシェル:「ねぇ?」
ラーミナ:「それについては同感!」
ファリネ:「うん、それは大事・・・だけど」
ラシェル:「私は社交性は有る方なんですよ、じゃなきゃこんなに借金できませんから」
フレデリク:「まあ争う理由もないし、こんな迷宮だ、助け合っていきたいところだな」
ラーミナ:イケメンの兄ちゃん!!
ファリネ:「ヴェルター・・・このクエストの期間、月が変わるまでって言ってたよ?私たちそろそろ神殿に報告しないとまずいんじゃ」
ヴェルター:「そうだっけ!?おいおい、それじゃ急がねーとな!」
アルシド:「どうせこれっきりの関係だ。それ以上の付き合いなぞ戦いに必要ねェ」
ラーミナ:「むむむ」
アルシド:ごめんな
ラーミナ:中の人~~~~!
ラシェル:「つれませんねえ イケメンなのに」
フレデリク:「もう二人はクエストを達成したのだな…ううむ」
フレデリク:中の人がやさしい
ファリネ:「あなたたちも気をつけてね。この先、何か危険な魔物がいるから…私たち識別持ってないから分からなかったけど」
アルシド:↑
ラーミナ:識別が欲しい…!」
ラーミナ:なんか見たこと有るけどわからないモンスター
ヴェルター:「こいつそんなこと言ってビビってるからなかなか進めねーんだぜ!?」
ヴェルター:「バッと進んでガッと倒してイエス!で済むのによォ!」
アルシド:ここにセットアップ識別をど忘れした酒クズがいるんすよ
ラシェル:「それは困りましたね、わたしもふつかよ…持病でちょっと識別に不安が」
ラーミナ:「識別は大事だからね!ね!」
アルシド:快男児すき
ラーミナ:「スポーティな兄ちゃん」
ヴェルター:スッ
アルシド:ところでさっきのグラシアちゃんは同じPTメンツですか?
フレデリク:「快活さが眩しい…!」
ファリネ:「…こういう無謀な人にはならないでね…」
ラシェル:「むしろ彼の数分の1でもガンガン行く心がほしいですね」
アルシド:と聞きたいがPC的に聞かないので地の文で聞くしかない
ファリネ:エアフォルクは二人組のギルドのようです。
ラーミナ:「無謀と勇気は紙一重だから気をつけようね!」
アルシド:あれ
ラーミナ:なるほど
ラシェル:ほほう
フレデリク:「所でお前たちは2人パーティなのか」
ファリネ:「? そうだけど・・・おかげで攻略が遅くて」
フレデリク:「先ほど入口近くで待ち合わせをしていた冒険者と会ったのでてっきり…」
フレデリク:「グラシア、といっていたか」
ラーミナ:「2人でダンジョン攻略ってすごいね!」
ヴェルター:「へー、ここに引き返してくるときには俺たち以外の冒険者は見なかったけどな!」
ラシェル:「はて、待ち合わせをしていると言っていましたが」
ヴェルター:「だろ?こいつの親父さん早く見っけてやりてーからな」
ヴェルター:「迷宮の入り口で待ち合わせて潜る予定だったんじゃね?」
ヴェルター:「まぁ知らんが!」
ラシェル:「ふむ、その可能性も無きにしもあらず…」
フレデリク:「色々な冒険者達が日々出入りしているんだろうな」
フレデリク:「流石迷宮」
フレデリク:「ちなみに親父さんの名前を伺ってもいいだろうか」
アルシド:彼女は永遠にあの場所で決して帰らぬ友を待ち続ける
ファリネ:「そうだね。入り口も一つじゃないだろうし・・・」
ファリネ:「お父さんはアイゼンっていうの」
フレデリク:「これから迷宮に挑戦する身だ、もしかしたら出会うこともあるかもしれない」
ラーミナ:「アイゼンさんね、見つけたら神殿に連絡入れるね!」
ファリネ:「協力してくれるんだ。…ありがとう。ぐすっ」
ラシェル:「なに、お金は取りませんからご安心を」
アルシド:は?
ヴェルター:「は?」
ラーミナ:は?
アルシド:「は?」
ラーミナ:「お姉ちゃん」
アルシド:引くわ
フレデリク:「…助け合いというやつだ…」
ヴェルター:「何だか知らんが協力感謝するぜ!」
ラーミナ:そろそろ呼び捨てにしようかなあ
アルシド:二言目には金か
ヴェルター:「じゃあまたどこかで会うことがあったらその時はよろしくな!」
ラシェル:一言目ですよ
フレデリク:「ああ、ではまた」
ラシェル:「ええ、またいつか」
ヴェルター:喋る前だから0言目
アルシド:どちらにせよ質悪いわ
ラーミナ:「またね~」
ヴェルター:新人ギルドのエアフォルクの二人と別れを告げた一行は階段を降り、地下、砦の内部へと進んでいく。
アルシド:「まったく変わってねェなアイツ」
ラシェル:「懐かしいですか?」
フレデリク:「良く知った仲だったのか?」
アルシド:「…」シカト
ラーミナ:まったく変わってねえなお兄ちゃん
アルシド:ごめんな
ラーミナ:いいよ♡
ヴェルター:許す!!
ラシェル:「つれないですねえ」
ラシェル:「一匹狼は大変ですよ、私が言うんですからそりゃ大変ですよ」
フレデリク:「一匹狼を纏め上げるのは大変だな」
フレデリク:「ギルドリーダーの手腕に期待だ」
ラーミナ:「がんばるね!」
ラシェル:「このギルド、曲者が多いですからね、気をつけてください」
アルシド:↑
ラーミナ:↑
フレデリク:「自分で宣言していくのか」
フレデリク:貫通し合っている
ラシェル:「なんですその目、私はただ借金が多いお姉さんですよ」
アンシア:一行は階段を降り、扉を開けるが特に変わった様子は見られない。
ラーミナ:「もうお金の話はいいよ~先いこ!」
フレデリク:小部屋に進んでいこう
アルシド:会話を無視し先に進む
ラシェル:「確かに、もうちょっと夢のあるお金の話のほうがいいですね」
ラシェル:「さて、そろそろ罠もありそうですし私の出番ですね」
ラシェル:3d6+5 (感知)
Arianrhod : (3D6+5) → 14[3,5,6]+5 → 19

アンシア:ではラシェルは扉自体に罠がないが、奥から獣の唸り声が聞こえることに気づく。
ラシェル:「おや…? ケダモノの咆哮が…」
アルシド:次の部屋で不意打ちされるかもしれんかったってことか
ラーミナ:「むむっ、モンスターかな?」
フレデリク:アンブッシュ!
ラシェル:「ええ、おそらくは出待ちでしょう 人気者は大変ですね」
ラーミナ:ゆっくりと扉を開き中を見よう
ラーミナ:チラッ
アルシド:ノックしてもしも~し
アンシア:部屋の奥、崩れた石壁の暗闇から何かが蠢いているのが見える。
アンシア:何やら魔物のねぐらになっているようだ。幸いまだこちらには気づいていない。
アルシド:えぇ…
フレデリク:何か奥から染み出てきてる
ラーミナ:「…あの奥、多分何か居るよね」
ラシェル:「…お静かに」
ラーミナ:「明らかに犠牲になった人が居るし…」
アルシド:骨が物語るヤバさがあるぞ
ラシェル:「あまりよろしくない気配です」
ラーミナ:静かに右の部屋に移りましょう
アンシア:穴の元には赤いシミが見える。
ラーミナ:確定やーーーーーん
アルシド:アカン
アンシア:ではそのまま右の部屋へ。
フレデリク:「…帰り道にも注意だな」
ラーミナ:感知が高くて助かったねエドの兄ちゃん
アンシア:誰だよ
ラーミナ:誰だろう…?
アンシア:タライ…
アルシド:ピネの兄ちゃん
ラシェル:「アレがお腹をすかせないうちにさっさと帰らないと」
ラシェル:「我々もアレのご飯になってしまうかも…」
アンシア:では次の部屋に入った瞬間、全員感知判定を振って下さい。
ラシェル:「…いけませんね、比較的肉付きがいいの私じゃないですか」
ラシェル:3d6+5 危機感血
Arianrhod : (3D6+5) → 8[1,3,4]+5 → 13

アルシド:(強者には立ち向かいたいタイプだけど方針には従う)
フレデリク:2d6+2 [感知]
Arianrhod : (2D6+2) → 8[2,6]+2 → 10

アルシド:2d+6 感知判定
Arianrhod : (2D6+6) → 3[1,2]+6 → 9

アルシド:振り直す
アルシド:2d+6
Arianrhod : (2D6+6) → 3[1,2]+6 → 9

アルシド:嘘でしょ
ラーミナ:2d+4 感知判定
Arianrhod : (2D6+4) → 11[5,6]+4 → 15

アンシア:運命は変わらない
アンシア:何その出目…
ラーミナ:まだ追い詰められてないからね。
ラシェル:追い詰められてないから強い
アルシド:この卓ではダメかもしれん!!
フレデリク:追い詰められないように頑張ろうね
ラシェル:協調性がダイス目に関わる可能性…?
アルシド:やだーーーー
アンシア:突如地面が盛り上がり、トラバサミのようにアルシドを捕らえようとする。植物の魔物だ!
ラーミナ:「無愛想なお兄ちゃん!」
ラシェル:「む…」
アルシド:「——ア゛ァ゛!?」
アンシア:【死を呼ぶ突風】
ラシェル:「失礼…気づきませんでした…」
アンシア:天然の罠に引っかかった君たちが思わず声を上げると、穴の中にいた魔物はそれに反応する。
フレデリク:「…まずいな…!」
アンシア:戦闘開始だ!戦闘前のスキルがあれば。
アルシド:なし!
ラシェル:なし
フレデリク:なし
ラーミナ:ないよ!
アルシド:「クソが…上等じゃねェか!」切り替える
ラーミナ:「あわわ、どうしよ…!」
フレデリク:「…どうする?引くか、立ち向かうかだが」
ラシェル:「…はて? なにやら唸り声も近づいているような」
ラシェル:クルッと後ろを向く
ラシェル:「さ、逃げますよ」
血塗れの獅子:「ぐるる…」
フレデリク:「…少なくとも彼に絡みついたこれを外さねばだ」
ラーミナ:かわいい
アルシド:「ブッ殺してやる!!!!!」すでに狂戦士
ラシェル:「はやくしないともぐもぐですよ」
ラーミナ:「扉閉めておこう扉!」
ラーミナ:「ないじゃ~~~ん言ってよ~~~~」
ラシェル:「崩れ去ってしまっていて〆られませんね…」
ラシェル:「今言いました」
血塗れの獅子:そのままセットアッププロセスに入る。
アルシド:セッタプなし!
ラシェル:あ~~~識別ほし~
血塗れの獅子:何でないの?
アルシド:たのむよー
ラシェル:不本意ながら無い
血塗れの獅子:獅子はなし
ラーミナ:「…頭切り替えよ!」
ラシェル:「…ラジャー」
ラーミナ:「まず、蔦を切ります!そして、《陣形》でこの場から離れます!」
ラーミナ:《コンバットスタイル》1:セットアップ。貴方が取得しているハンターのスキルの「効果」に書かれている「《超大型》を取得」という制限をなくし、あらゆるエネミーに適応させる。この効果はマイナーで解除するか、シーン終了まで有効。コスト10
血塗れの獅子:イニシアチブプロセス!
アルシド:〈連携Ⅰ:フレイムバースト〉連携攻撃,[両手剣],前提属性:[水、闇],発生属性:[火],使用を宣言したキャラクターが行う武器攻撃で1点でもHPダメージを与えた場合、対象に[スタン]を与える
アルシド:宣言だー!
絡みつく蔦:しゅるしゅる…
アルシド:〈ダーティファイト〉2,マイナー,自動,シーンSL回,使用する際に[スタン][スリップ]からひとつ選択せよ。白兵攻撃で対象に1点でもHPダメージを与えた場合、選択したバッドステータスを与える。この効果はメインプロセス終了まで持続する。 MP-4
アルシド:スタンを選択!
アルシド:〈バッシュ〉1,メジャー,命中,単体,武器攻撃を行う。ダメージロールに+[SLd] MP-4
絡みつく蔦:シュルシュル…(あらいい男…)
アルシド:3d+5 命中判定
Arianrhod : (3D6+5) → 10[1,4,5]+5 → 15

絡みつく蔦:2d+3 回避判定
Arianrhod : (2D6+3) → 10[4,6]+3 → 13

アルシド:蔦をぶった切る!!!
ラーミナ:あぶないっ
アルシド:2d+1d+14 威圧付与通常攻撃(威圧)+スタン
Arianrhod : (2D6+1D6+14) → 11[5,6]+3[3]+14 → 28

アルシド:「千切れろゴラァ!!!」
ラシェル:「葦が捕まっているのに良い攻撃です」
絡みつく蔦:蔦はブチブチと音を立てて千切れる。
フレデリク:「この調子でいこう」
フレデリク:連携の継続を宣言
フレデリク:連係Ⅰ:シールドブーメラン:前提属性:火、風:発生属性:光
フレデリク:3d6+7 命中
Arianrhod : (3D6+7) → 9[2,3,4]+7 → 16

絡みつく蔦:回避放棄
フレデリク:2d6+9 通常攻撃
Arianrhod : (2D6+9) → 8[2,6]+9 → 17

ラーミナ:連携攻撃の継続を宣言するよ!
ラーミナ:《連携Ⅰ:フェイタルエンド》1:【前提・地・光】フリー。使用を宣言したキャラクターが行う武器攻撃の対象がバッドステータスを受けていた場合、武器攻撃のダメージに+[対象が受けているバッドステータスの数×10]する。
ラーミナ:ムーブで接敵します!
ラーミナ:《フェイタルハント》5:メジャー。武器攻撃を行う。ダメージロールに+[SLx3]する。また、対象が《超大型》を取得しており、さらにバッドステータスを受けている場合、ダメージに+【筋力】する。コスト5
ラーミナ:3d+6 命中判定
Arianrhod : (3D6+6) → 7[1,2,4]+6 → 13

絡みつく蔦:回避放棄
アルシド:バステ2つ!
ラーミナ:「連…撃っ!!」
ラーミナ:2d+29+15+10+20 通常攻撃
Arianrhod : (2D6+29+15+10+20) → 7[1,6]+29+15+10+20 → 81

フレデリク:実績:初めての連携
ラーミナ:「切れたっ!」
絡みつく蔦:君たちの見事な連携により、アルシドに絡まっていた蔦はバラバラに千切れ落ちた。
ラシェル:「ほう…緊急時にして良い連携です、素晴らしい」
アルシド:「あっ…ぶねェ!!」
ラーミナ:やったね。
フレデリク:「よしっ、走るぞ!」
ラシェル:「実は私あんまり足速くないんですよね」
絡みつく蔦:獅子は真っ先に君たちの元へと駆けてくる!
ラシェル:「というわけで一足お先に」
ラシェル:スリットはこのために有るのだというほどの全力ダッシュで隣の部屋に向かう
アルシド:「クソ蔦野郎が!!」ズタズタになった蔦をさらに叩き潰している
ラシェル:「さて、獅子をじっくり見ましょう… えーとあれは…」
ラシェル:3d6+7 エネミー識別
Arianrhod : (3D6+7) → 17[5,6,6]+7 → 24

アルシド:君は安定してるねこの卓
フレデリク:ナイス識別
ラシェル:「ピーンと来ましたよ 私の頭が冴えてきました」
ラーミナ:「ちょっと強そうだね…」
ラーミナ:「逃げよう!」
ラシェル:「…なかなかいやらしい獅子です 近づかれないように!」
血塗れの獅子:クリンナッププロセス。
血塗れの獅子:ししです。
アルシド:「テメェいつかブッ倒す!!!」
ラーミナ:なししです
フレデリク:ししでした。
血塗れの獅子:セットアップ。
ラーミナ:「《陣形》っ!」
アルシド:よろしくおねがいします
ラシェル:「(ちゃんと逃走指示に従ってくれるあたりいい子ですね、アルシドくん)」
血塗れの獅子:「グァァッ!!」
ラーミナ:「はっしれ~~」
ラシェル:「ハリー ハリー」
フレデリク:「危険な相手には関わらないに限る!」
血塗れの獅子:獅子から逃げ、扉を閉めるが、そのうち鋭い爪によって引き裂かれてしまうだろう。
フレデリク:「二人は先の部屋の様子を見てくれると嬉しい!」
血塗れの獅子:君たちは急いで次の部屋の扉の前へと向かう。
ラシェル:「走る走る 血塗れの獅子 逃げる逃げる 子羊たち」
アルシド:扉の前へ
ラーミナ:「詠んでる場合じゃないよ!?」
ラシェル:「焦らないように詠いましょう」
ラーミナ:「あっ…アルシド兄ちゃんがまた!」
ラシェル:「あ、また蔦が」
アルシド:「またかゴラ゛ァ゛ァ゛!!!」
フレデリク:「さっきと同じ植物か!」
ラシェル:「好かれているようですね」
血塗れの獅子:一人急ぐアルシドに再び蔦が絡みつく!先ほどと同じ種類のようだ。
アルシド:「テメェ燃やす!!!!!!!」
フレデリク:「元気のいい獲物が好きなのかもしれない」
アルシド:〈連携Ⅰ:フレイムバースト〉連携攻撃,[両手剣],前提属性:[水、闇],発生属性:[火],使用を宣言したキャラクターが行う武器攻撃で1点でもHPダメージを与えた場合、対象に[スタン]を与える
ラシェル:「絡む絡む 緑の蔦 キレるキレる 最近の若者」
アルシド:〈ダーティファイト〉2,マイナー,自動,シーンSL回,使用する際に[スタン][スリップ]からひとつ選択せよ。白兵攻撃で対象に1点でもHPダメージを与えた場合、選択したバッドステータスを与える。この効果はメインプロセス終了まで持続する。 MP-4
アルシド:スタン!
アルシド:〈バッシュ〉1,メジャー,命中,単体,武器攻撃を行う。ダメージロールに+[SLd] MP-4
ラーミナ:絡まれたらキレるでしょ
絡みつく蔦:シュルシュル
アルシド:3d+5 命中判定
Arianrhod : (3D6+5) → 10[1,4,5]+5 → 15

フレデリク:うまいこと言うな
絡みつく蔦:2d+3 回避判定
Arianrhod : (2D6+3) → 11[5,6]+3 → 14

アルシド:ばか!!!!
ラーミナ:また危ないよ!?
絡みつく蔦:いい男だから未練が…
絡みつく蔦:シュルシュル…
フレデリク:セーフ!!
ラシェル:ふぅ
フレデリク:連携を継続!
アルシド:2d+1d+14 威圧付与通常攻撃(威圧スタン)
Arianrhod : (2D6+1D6+14) → 8[3,5]+6[6]+14 → 28

アルシド:「バラバラに引き裂いてやろうか!!!!」
絡みつく蔦:蔦はあと半分ほど残っている。
フレデリク:ムーブで移動
フレデリク:連係Ⅰ:シールドブーメラン:前提属性:火、風:発生属性:光
フレデリク:3d6+7 命中
Arianrhod : (3D6+7) → 8[2,3,3]+7 → 15

絡みつく蔦:回避放棄
フレデリク:2d6+9 ダメージ
Arianrhod : (2D6+9) → 8[3,5]+9 → 17

絡みつく蔦:15ですぎじゃないシュル?
アルシド:大正義15
ラーミナ:連携攻撃の継続を宣言するよ!
ラーミナ:《連携Ⅰ:フェイタルエンド》1:【前提・地・光】フリー。使用を宣言したキャラクターが行う武器攻撃の対象がバッドステータスを受けていた場合、武器攻撃のダメージに+[対象が受けているバッドステータスの数×10]する。
フレデリク:ありがとうスタン…それしか言葉がない
ラーミナ:移動して通常攻撃で~切る!
ラーミナ:3d+6 命中判定
Arianrhod : (3D6+6) → 9[1,2,6]+6 → 15

絡みつく蔦:回避放棄
ラーミナ:15につられた
アルシド:大 正 義 1 5
ラシェル:トリプルフィフティーン
フレデリク:15は魔の数字
ラーミナ:2d+29+20 通常攻撃
Arianrhod : (2D6+29+20) → 4[1,3]+29+20 → 53

ラーミナ:「せいっ!」
絡みつく蔦:バラバラに引き裂かれた。
ラーミナ:「よし!早く逃げよ!」
絡みつく蔦:獅子は移動して終了。
ラシェル:「斬れる斬れる 緑の蔦 逃げる逃げる子羊たち…あ、ここからはリピートです」
ラーミナ:手抜き
ラシェル:「あ、みなさまご苦労様です では一足お先に」
ラーミナ:斧を背中にしまう
ラシェル:再び女を捨てている全力移動
アルシド:ひとり飄々としてんな
アルシド:全力移動だけど
フレデリク:スポーティーなフォームだ
アルシド:めっちゃ姿勢良く走ってそうだよな
血塗れの獅子:クリンナップ。
ラシェル:このスリットは殿方の視線をくぎ付けにするためだけのものではないんですよ
アルシド:HAHAHAHAHAとか言いながら
ラーミナ:借金取りから逃げるため?
アルシド:は?
血塗れの獅子:現実から?
ラシェル:何故わかったんです!?
ラーミナ:現実…
フレデリク:実益を兼ねていた…
ラーミナ:ゴミ
ラーミナ:セットアップないよ!
血塗れの獅子:イニシアチブ!
ラーミナ:「皆入って入って!」
アルシド:無銭飲食した店の店主から?
アルシド:撤退!
ラシェル:無銭飲食は…ここ数十年はしてませんよ 最近は自炊してますから
フレデリク:退避!
アルシド:霞食ってそう
血塗れの獅子:獅子は閉まっている扉に向かって攻撃を仕掛ける。
ラーミナ:ひ~!最後に部屋に飛び込んで分厚い扉を閉めるよ!
アルシド:パゴォーン!
ラーミナ:バタンッ!
フレデリク:丁度獅子が扉を破壊する音が聞こえる
血塗れの獅子:《黒き旋風》1 マイナー:このスキルを使用することで「タイミング:マイナーアクション」のスキルをふたつ使用する。この時に《黒き疾風》を使用できず、同じスキルを連続して使うこともできない。
ラシェル:閂をすかさずかける
血塗れの獅子:《ディスアピア》1 マイナー:隠密状態になる。ただし、敵キャラクターとエンゲージしている場合、このスキルは使用できない(他のスキル、アイテムなどの効果で、敵キャラクターとエンゲージしていても隠密状態になることができる場合を除く)。
アルシド:ディスサプコンボを見るといつもワクワクするんだ
血塗れの獅子:《サプライザル》5 メジャー:対象に武器攻撃を行なう。その攻撃の命中判定に+1D、ダメージに+[(SL)D]する。潜伏時のみ。
血塗れの獅子:4d+15 《サプライザル》 命中判定 対象:扉
Arianrhod : (4D6+15) → 15[3,3,4,5]+15 → 30

血塗れの獅子:6d+60 爪(格闘/双)物理
Arianrhod : (6D6+60) → 27[1,4,5,5,6,6]+60 → 87

ラーミナ:「な、何とか逃げ切ったぁ…」ごおおんという轟音を聞いて震えながら
ラシェル:「間一髪でしたね」
フレデリク:「早速危機一髪だった…」
血塗れの獅子:では戦闘終了だ。獅子は君たちを見失い、元のねぐらへと戻っていったようだ…
血塗れの獅子:【至宝を得よ】
アルシド:「ぺっ、ぺっ、クソが…」(絡まった状態で叫びまくったため口の中に草とか入った
ラシェル:「しかし、先程の2人はアレに襲われなくてよかったですね」
ラシェル:「大丈夫ですか」と言いつつ草を払ってあげる
ラーミナ:「本当にね~」
アルシド:ギャグ補正で逃げ切れそうだけど
ラーミナ:3d
Arianrhod : (3D6) → 12[2,4,6] → 12

フレデリク:[ファインディング]効果参照/6/対象がドロップ品決定ロールを行なう直前に使用する。そのダイスロールを2回行い、任意の方の結果を選択できる。
ラシェル:ファインディング・フレデリク
フレデリク:3d6
Arianrhod : (3D6) → 13[3,4,6] → 13

フレデリク:3d6
Arianrhod : (3D6) → 10[2,3,5] → 10

アンシア:ディオネスの葉(100G)
フレデリク:最初の奴で
アンシア:ディオネスの葉(100G)
アルシド:「こいつは売れるな」(服に挟まってた葉を懐にしまう
ラーミナ:MP
アルシド:ハイMP一本
ラシェル:「いい心がけです」
ラーミナ:ポーション飲むね
フレデリク:「これぐらいか…薬代ぐらいにはなるだろうか」
ラーミナ:2d+2
Arianrhod : (2D6+2) → 11[5,6]+2 → 13

アルシド:4d
Arianrhod : (4D6) → 10[1,2,2,5] → 10

フレデリク:野菜2個で10点回復だ
ラシェル:のんびりしてます
ラーミナ:「さて、と」
ラーミナ:「次の階層にすすもっか。次で最後ぐらいかな?」
フレデリク:野菜をもしゃもしゃして生命力を補充だ
アルシド:「あー、腹立つ…あの猫ぜってぇあとで殺す…」
アンシア:では逃げ切った部屋の奥に階段があるのでそのまま3階へ移動する。
ラシェル:「まあまあ、今回はアレが目的ではないですから」
アルシド:ぶつくさ言いながら階段へ向かう
アンシア:休憩タイム!
ラシェル:「しかし初陣にしては敵の攻勢がなかなか激しいですねぇ …次の階層は果たして…」
アンシア:【垂水ノ樹海】
ラシェル:「…む、沼の匂いが」
アンシア:君たちが階段を降り、フロアを進んでいくと、ところどころぬかるんでいる。
どうやら長年積み上げられたゴミの上に立っているようだ。
幸い、崩れ落ちるような事はないが移動するのにそれなりの筋力を要求されるだろう。

ラーミナ:「うーん汚い」
ラシェル:「といってもヘドロの沼ですが…次の階層は足元が悪そうですね」
アンシア:【情景 未知なる脅威】
アンシア:君たちが部屋に入ると、見るからに巨体の魔物が視界に入る。


ラーミナ:「…!!」
ラシェル:「わぁ」
ラーミナ:「《超大型》の魔物じゃあないですかあ」
アンシア:敵意は明らかであり、すぐにでも襲いかかってくるだろう。
アンシア:君たちがこれからも迷宮に挑むには、この巨躯を打ち倒し、自らの強さを証明しなくてはならない。
アンシア:これが夢の砦での最後の戦闘だ!戦闘前のスキルがあれば使ってもいいし、使わなくてもいい。
ラーミナ:即座に抜刀する
ラシェル:「ラーミナさんが嬉しそうで何よりです」 杖を構える
ラーミナ:「皆、アイツがここのヌシのようだよ!」
アルシド:「やりごたえがありそうなヤツがきたな…上等だ」
ラーミナ:「こいつを倒して帰れば任務は完了!奥の手隠さず一気にやっちゃおう!」
フレデリク:「ヌシを倒して、最初の試練を終わらせよう」
ラシェル:「ええ、頑張りましょう 皆様、足元にはお気をつけて…」
フレデリク:「ここで躓いているようでは迷宮踏破など夢のまた夢だな!」
アンシア:クライマックス戦闘だ!
アンシア:【剣を掲げ誇りを胸に】
アルシド:上等!!!
ラシェル:キシドノ
オオナマズ:オオナマズは様子を見ている。
ラシェル:リュウキシ、ドノォ?
オオナマズ:セットアップなし
アルシド:誘ってんのか?上等!!
アルシド:セタプなし
ラシェル:なせっと
フレデリク:[コールスレイプニル]セットアップ/6 ユニコーン
フレデリク:階段の奥からユニコーンが降りてきます
ラーミナ:「《陣形》」
ラーミナ:2d+10 筋力判定
Arianrhod : (2D6+10) → 4[1,3]+10 → 14

ラーミナ:我が先にと飛び込む
ラーミナ:目が爛々としていて話を聞かない状態
アルシド:ラスブロ…
ラーミナ:じゃあ陣形巻き戻しで!
ラーミナ:話を聞いた
オオナマズ:よいぞ。
アルシド:すまんなー!
ラーミナ:ありがと!
フレデリク:柔軟性のある良いギルドリーダー
アルシド:オレが一番乗りだ!!!
オオナマズ:イニシアチブ!
オオナマズ:オオナマズは待機。
ラシェル:「見られていますね…」
フレデリク:「不気味だな…」
アルシド:「オレだァ!!!」
アルシド:2d+7 筋力
Arianrhod : (2D6+7) → 10[4,6]+7 → 17

アルシド:エンゲージ!!
ラシェル:「おお、躊躇せずにこの汚泥に飛び込むとは…流石」
アルシド:フリーで決戦宣言!〈ラストブロウ〉2,DR直前,自動,シーン1回,決戦状態時、白兵攻撃のダメージに+[(SL*3)D]する。 MP-3
アルシド:〈バーサーク〉3,マイナー,自動,武器攻撃のダメージに+[SL*3]する。ただし、あなたが行なうリアクションの判定に-1Dする。この効果はマイナーアクションで解除を宣言するか、シーン終了まで持続する。 MP-3
アルシド:〈ソウルヒート〉1,〈バーサーク〉と同時に使用する。あなたは[狂戦士化(SL+1)]を受ける。ダメージ+[効果強度]D、リアクション自動失敗。 MP-3
アルシド:フェイト1点
アルシド:4d+5 命中判定
Arianrhod : (4D6+5) → 14[2,3,3,6]+5 → 19

オオナマズ:オオナマズはぬかるみで激しい音を立てるアルシドをギョロリと見据えた。
オオナマズ:2d+6 回避判定
Arianrhod : (2D6+6) → 6[2,4]+6 → 12

アルシド:〈ラストブロウ〉2,DR直前,自動,シーン1回,決戦状態時、白兵攻撃のダメージに+[(SL*3)D]する。 MP-3
アルシド:〈ブルータルストライク〉効果参照,シーン1回,[狂戦士化]を受けている時に使用可能。白兵攻撃と同時に使用する。その攻撃のダメージロールでは対象の【物理防御力】と【魔法防御力】を0とみなしてHPダメージを算出する。
アルシド:〈連携Ⅰ:フレイムバースト〉連携攻撃,[両手剣],前提属性:[水、闇],発生属性:[火],使用を宣言したキャラクターが行う武器攻撃で1点でもHPダメージを与えた場合、対象に[スタン]を与える
アルシド:連携も宣言!
フレデリク:最初からクライマックスだ!
アルシド:2d+2d+14+9 威圧付与通常攻撃(ソウルヒート)
Arianrhod : (2D6+2D6+14+9) → 9[3,6]+10[5,5]+14+9 → 42

ラシェル:命、燃やすぜ!
アルシド:6d
Arianrhod : (6D6) → 18[1,1,2,3,5,6] → 18

オオナマズ:60点防御無視 威圧が入ったァ!
アルシド:「潰れろゴラァア!!!」
フレデリク:そして連携を継続だ
フレデリク:連係Ⅰ:シールドブーメラン:前提属性:火、風:発生属性:光
フレデリク:使用を宣言したキャラクターが行なう白兵攻撃はエンゲージしていない対象にも行なうことができ、その射程は10mとなる。
ラシェル:高貴な戦い方
フレデリク:ムーブで移動
フレデリク:[ディフェンダー]マイナー/3/【物理防御力】に+[SL×3]する。この効果はシーン終了まで持続する。
ラシェル:おっ貴族主義か
フレデリク:防御姿勢を整えつつ通常攻撃
フレデリク:3d6+7 命中
Arianrhod : (3D6+7) → 17[5,6,6]+7 → 24

オオナマズ:2d+6 回避判定
Arianrhod : (2D6+6) → 12[6,6]+6 → 18

フレデリク:それはちょっとどうしようもないな!
ラーミナ:マジか
ラーミナ: 
オオナマズ:ぬかるみの中に潜伏して盾を回避した。
アルシド:バステ1個のターンやし!別にいいし!!
ラシェル:「あの巨体であの素早さ…ふむ、ええと、たしか…」
フレデリク:「こちらの動きをよく見ているな…!」
オオナマズ:ギョロ…ギョロ…
フレデリク:「早く思い出して!」
ラシェル:「喉元まで来てるんですよ」
ラシェル:3d6+7 エネミー識別
Arianrhod : (3D6+7) → 10[1,3,6]+7 → 17

ラシェル:ごめ
ラシェル:ムーブ
ラシェル:振り直す
ラシェル:3d6+7 エネミー識別
Arianrhod : (3D6+7) → 10[1,4,5]+7 → 17

オオナマズ:《超大型》を所持していることは分かる。
アルシド:なにやってんだよラシェルァ!!!
ラーミナ:識別が欲しい
アルシド:識別ほしいんやけど…
フレデリク:識別が欲しい!
ラシェル:「…忘れましたね」
ラシェル:「あんなのいましたっけね…?」
オオナマズ:ここにいるよ
フレデリク:「そうか…」
アルシド:セットアップ識別を忘れてきたばっかりに!!
ラーミナ:「あー皆ズルーい!」
ラーミナ:「あたしがソイツを叩き潰したいのに」
ラーミナ:ムーブで移動
アルシド:うわこわい
ラーミナ:《スマッシュ》1:マイナー。白兵攻撃のダメージに+【筋力】する。メインプロセス終了まで持続する。コスト5
ラーミナ:《フェイタルハント》5:メジャー。武器攻撃を行う。ダメージロールに+[SLx3]する。また、対象が《超大型》を取得しており、さらにバッドステータスを受けている場合、ダメージに+【筋力】する。コスト5
ラーミナ:3d+6 命中判定
Arianrhod : (3D6+6) → 8[1,3,4]+6 → 14

ラーミナ:振り直し
ラーミナ:3d+6 命中判定
Arianrhod : (3D6+6) → 8[2,3,3]+6 → 14

オオナマズ:2d+6 回避判定
Arianrhod : (2D6+6) → 2[1,1]+6 → 8

オオナマズ:?
フレデリク:さっき出してよ
ラーミナ:極端過ぎない?
オオナマズ:許してオオナマズ
ラーミナ:2d+64 《スマッシュ》《フェイタルハント》+追加効果
Arianrhod : (2D6+64) → 8[2,6]+64 → 72

ラシェル:ラーニングでナチュラルヒストリー取らなきゃ…
ラーミナ:「あぁああいっ!!」袈裟で思い切り斧を叩きつける
アルシド:おかしいなバーサーカーはオレだけだったような
ラーミナ:バーサーカーのほうが冷静
オオナマズ:超大型の身を震わせ、のたうち回る。
アルシド:「オレの獲物だァ!!!」
ラシェル:「いやあ勇猛、勇猛」
ラーミナ:「あはははっ!」
フレデリク:「二人で獲物を取り合っているが…」
オオナマズ:しかし表面がヌルヌルしているせいか物理は効きにくいようだ。
アルシド:魔法はねえんですよ!!
オオナマズ:待機していたオオナマズのターン。
フレデリク:「そろそろ奴が動くぞ!」
ラーミナ:「…来るっ」
アルシド:「来いやァ!!」
オオナマズ:3d+16 命中判定 対象:アルシド
Arianrhod : (3D6+16) → 6[1,2,3]+16 → 22

アルシド:リアクション不可
ラシェル:「思い出せませんが強めの攻撃が来そうですね」 
オオナマズ:6d+90 尾(格闘/双)
Arianrhod : (6D6+90) → 29[2,5,5,5,6,6]+90 → 119

フレデリク:[カバーリング]ダメージロールの直前/3/対象にカバーを行なう。行動済みでもカバーを行なうことができ、未行動の時にカバーを行なっても行動済みにならない。
フレデリク:タイミングを許された!
オオナマズ:カバームーブOK(早すぎた)
フレデリク:[カバームーブ]《カバーリング》と同時に使用/4/《カバーリング》を「射程:近接」から「射程:20m」に変更する。
ラシェル:《プロテクション》   5 /DR直後   /自動成功/単体/20m /3   /1/MP     /対象が受ける予定のダメージに-[SLd]
アルシド:アルシドくんぶっちゃけこのサイズと戦ったことないのでーーーー!!!
ラシェル:5d6+10 (プロテクション+エフィシエント)
Arianrhod : (5D6+10) → 15[1,1,2,5,6]+10 → 25

オオナマズ:ビターンビターン
オオナマズ:マイナー解除してました。
フレデリク:咄嗟にユニコーンで飛び出して攻撃を受ける
アルシド:「こ、のパワーは…!!」
フレデリク:そのまま弾き飛ばされて元の場所に
ラーミナ:「面白くなってきたね!」
ラシェル:「む…強い…」
フレデリク:「…ッ重たい一撃だ…!」
アルシド:「…チッ」
アルシド:ありがとうねフレデリックくん
オオナマズ:第2ラウンドのセットアップ!
フレデリク:陣形で前に行きたいな…?
オオナマズ:ビチチチ
ラーミナ:「《陣形》!もうちょっと頑張ってフレデリク兄ちゃん!」
フレデリク:「…仕方ない!」
フレデリク:2d6+10 [筋力]
Arianrhod : (2D6+10) → 3[1,2]+10 → 13

ラシェル:FT2点追加
ラシェル:4d6+2 筋力
Arianrhod : (4D6+2) → 10[1,1,2,6]+2 → 12

ラーミナ:「やれば出来るじゃない!」
アルシド:スッとぬかるみ移動
ラシェル:「ふぅ…ふぅ… 筋力勝負は…アコライトにさせてはいけません…」
フレデリク:良いフォームだ
ラーミナ:頭ボーティ
ラーミナ:ズ
ラシェル:「私が美しいクロールを覚えていたから良かったものを…」
オオナマズ:イニシアチブ!
オオナマズ:《締め上げ》1 メジャー:至近の単体に白兵攻撃を行なう。この攻撃が命中した場合、ダメージの有無にかかわらず対象に「スタン」を与える。
オオナマズ:3d+16 命中判定 対象:ラーミナ
Arianrhod : (3D6+16) → 8[2,3,3]+16 → 24

ラーミナ:フェイト2点
ラーミナ:4d+2 回避判定 フェイト2点!
Arianrhod : (4D6+2) → 13[1,1,5,6]+2 → 15

ラーミナ:「あぁっ!」
オオナマズ:6d+90 尾(格闘/双)
Arianrhod : (6D6+90) → 14[1,1,2,2,3,5]+90 → 104

ラシェル:5d6+10 (プロテクション+エフィシエント)
Arianrhod : (5D6+10) → 27[4,5,6,6,6]+10 → 37

オオナマズ:ぬかるみから長い胴体を乗り出して、ラーミナげる。
オオナマズ:締め上げる
アルシド:うおお
ラーミナ:攻撃が当たることを予感して、懐から斧をもう1本ぶつけて防御sうる
ラーミナ:《ダイナミックガード》1:DR直後。あなたが携帯している「種別:狩猟」の武器からひとつ選択せよ。ダメージ軽減を行う。あなたが受ける予定のダメージに-[選択した武器の重量]する。シーンSL回。コスト6
ラシェル:げるげる
オオナマズ:ぎょろぎょろ
フレデリク:ナーミナ(をしめあ)げる
ラーミナ:ダメージ-18
オオナマズ:全員誤字
アルシド:みんななんかもうダメだ
フレデリク:誤字の連携が
ラシェル:「光の加護よ…」
ラーミナ:38点ダメージ
ラシェル:杖を持つ手に力を込める
ラーミナ:「あはははははっ!楽しいっ!!」
ラーミナ:斧で受け流した
オオナマズ:斧に阻まれ締め上げきれない。
アルシド:おかしいなバーサーカーはオレだけだったはず
ラーミナ:↑
アルシド:〈連携Ⅰ:フレイムバースト〉連携攻撃,[両手剣],前提属性:[水、闇],発生属性:[火],使用を宣言したキャラクターが行う武器攻撃で1点でもHPダメージを与えた場合、対象に[スタン]を与える
フレデリク:やっちゃえバーサーカー!
アルシド:マイナーで聖水!
ラシェル:すまない・・・・ほんとうにすまない・・・・
アルシド:「硬えンなら…こいつでどうだよ」
ラシェル:FT追加してれば判別できたかもしれないというのに…
アルシド:無造作に武器に聖水をぶっかける
アルシド:〈バッシュ〉1,メジャー,命中,単体,武器攻撃を行う。ダメージロールに+[SLd] MP-4
アルシド:命中にフェイト
アルシド:4d+5 命中判定
Arianrhod : (4D6+5) → 11[1,2,2,6]+5 → 16

オオナマズ:2d+6 回避判定
Arianrhod : (2D6+6) → 9[3,6]+6 → 15

ラーミナ:運命を捻じ曲げた!
フレデリク:怖い怖い
ラシェル:GMの殺意が高い
オオナマズ:ウジュルウジュル…
アルシド:2d+2d+14+9 威圧付与通常攻撃(ソウルヒート)光属性攻撃
Arianrhod : (2D6+2D6+14+9) → 8[3,5]+9[3,6]+14+9 → 40

アルシド:〈バーサーク〉3,マイナー,自動,武器攻撃のダメージに+[SL*3]する。ただし、あなたが行なうリアクションの判定に-1Dする。この効果はマイナーアクションで解除を宣言するか、シーン終了まで持続する。 MP-3
アルシド:「光になれオラァ!!!」
アルシド:1d
Arianrhod : (1D6) → 6

ラーミナ:「フレデリク兄ちゃん、必ず繋いでね?」
ラーミナ:「あたしもう我慢できないよ」
フレデリク:「相手に言っておいてくれ!」
アルシド:これ外したら味方に殺される
フレデリク:連携を継続
ラシェル:「Woo、怖い怖い」
アルシド:「繋げや色白!!」
フレデリク:[イートザミート]マイナー/携帯しているにくを使用する。武器攻撃のダメージに+[にくの効果で回復した【HP】の値]する
フレデリク:1d+32 回復[ユニコーン騎乗]
Arianrhod : (1D6+32) → 1[1]+32 → 33

アルシド:ダメだぁ!!!!
ラーミナ:固定値教だから大丈夫!!
オオナマズ:固定値って最高ナマズね
フレデリク:フェイトを一点使って通称攻撃
フレデリク:それな
ラーミナ:今日皆誤字多くない?
アルシド:噛みすぎでしょ君ら!
フレデリク:4d6+7 命中
Arianrhod : (4D6+7) → 14[2,3,3,6]+7 → 21

ラシェル:おのれグーグルIME
オオナマズ:2d+6 回避判定
Arianrhod : (2D6+6) → 6[1,5]+6 → 12

フレデリク:やっと繋げた!!
ラーミナ:b
フレデリク:2d6+9+33 ダメージ
Arianrhod : (2D6+9+33) → 8[2,6]+9+33 → 50

アルシド:b
オオナマズ:盾が目に当たり気を取られる。
ラシェル:にくつよい
フレデリク:[ライフドレイン]パッシブ/武器攻撃で1点でもHPダメージを与えた場合、あなたの【HP】を5点回復する。
フレデリク:37点回復[ユニコーン騎乗]
アルシド:こっわこいつ
ラーミナ:エルダナーン・・・?
オオナマズ:回復量おかしない?
ラーミナ:でも、ありがと!
フレデリク:アルシドがつけた傷に刃を突き立てて生命力を吸収するぞ
ラーミナ:ーー連携攻撃の継続を宣言するよ!
ラシェル:「…? ヒールしようと思っていたら全快している…!?」
フレデリク:傷が不自然な速度で治っていく
フレデリク:エルダナーンだよ!
ラーミナ:「いっくよーー!!」
オオナマズ:ヒール食らうと痛そうなエルダナーン
ラーミナ:《連携Ⅰ:フェイタルエンド》1:【前提・地・光】フリー。使用を宣言したキャラクターが行う武器攻撃の対象がバッドステータスを受けていた場合、武器攻撃のダメージに+[対象が受けているバッドステータスの数×10]する。
アルシド:色白ォ!
ラシェル:「(…やはり彼は…)」
ラーミナ:《ウィング》1:ムーブ。天翼族。飛行状態になる。シーン終了まで持続する
ラーミナ:飛び上がる!
ラーミナ:《スマッシュ》1:マイナー。白兵攻撃のダメージに+【筋力】する。メインプロセス終了まで持続する。コスト5
ラーミナ:《フェイタルハント》5:メジャー。武器攻撃を行う。ダメージロールに+[SLx3]する。また、対象が《超大型》を取得しており、さらにバッドステータスを受けている場合、ダメージに+【筋力】する。コスト5
ラーミナ:《ボルテクスアタック》1:効果参照。武器攻撃と同時に使用する。その武器攻撃を「対象:単体※」に変更、ダメージに+[CL×10]する。シナリオ1回使用可能。
ラーミナ:フェイト1点!
ラーミナ:4d+6 命中判定
Arianrhod : (4D6+6) → 11[1,2,4,4]+6 → 17

ラーミナ:振り直す
ラーミナ:4d+6 命中判定
Arianrhod : (4D6+6) → 8[1,1,3,3]+6 → 14

オオナマズ:ぬかるみの中で、飛び上がったラーミナをぎょろりと睨む。
アルシド:あああああああああ
ラーミナ:・・・
ラーミナ:終わった?
オオナマズ:2d+6 回避判定
Arianrhod : (2D6+6) → 9[3,6]+6 → 15

アルシド:ああああああああああああああああああああああああああ
ラーミナ:wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
オオナマズ:バッシャーーーーーン
ラシェル:あっ
アルシド:欲出したァ!!!
ラーミナ:これでラーミナもポンコツ入りです。
フレデリク:これが運命の女神ってやつなんだ
ラーミナ:「うへえ…」
フレデリク:このギルドは組むべくして組まされた
アルシド:なにやってんだよラーミナァ!!
ラシェル:「顔から行きましたね」
ラーミナ:団長!!!
ラーミナ:何やってんだよ!!
ラーミナ:あたしだ!!!
オオナマズ:凄まじい勢いで泥濘の水柱を上げる
ラシェル:「豪快な外しっぷりです」
ラーミナ: 
フレデリク:「言ってる場合か!」
ラシェル:「こういうときこそ落ち着かねば」
アルシド:力出し切って一気に顔がへなちょこになったな
オオナマズ:クリンナップ。
ラーミナ:ういー
オオナマズ:第4ラウンドセットアップ
アルシド:いやー1話1話
ラーミナ:天空兵団からまいりましたポンコツです…
フレデリク:これからきっとギルドの絆と共に当たるようになるさ…
ラーミナ:うううぅ…
フレデリク:なるといいな!
アルシド:;;
ラーミナ:;;
オオナマズ:イニシアチブに入るナマズよ!!!
ラシェル:まあまあ、よくあることです
オオナマズ:《締め上げ》1 メジャー:至近の単体に白兵攻撃を行なう。この攻撃が命中した場合、ダメージの有無にかかわらず対象に「スタン」を与える。
アルシド:1話なのにみんな碌な目にあってない!!!!
フレデリク:困ったなあ
オオナマズ:ごめん!ラシェルどうぞ!
ラシェル:《ヒール》       1 /メジャー  /魔術/対象のHPを3D*CL*3点回復する
ラシェル:3d6+(5*3)+10+2+3 (ヒール+エフィシエント+フェイス:アエマ+癒やしの衣)
Arianrhod : (3D6+15+10+2+3) → 12[2,4,6]+15+10+2+3 → 42

ラシェル:2d6+7
Arianrhod : (2D6+7) → 10[4,6]+7 → 17

ラシェル:「風よ 風よ… 癒しの風よ…」
オオナマズ:1d4 対象決め
Arianrhod : (1D4) → 3

オオナマズ:3d+16 命中判定 対象:フレデリク
Arianrhod : (3D6+16) → 14[3,5,6]+16 → 30

フレデリク:2d6+1 回避
Arianrhod : (2D6+1) → 8[4,4]+1 → 9

オオナマズ:6d+90 《締め上げ》
Arianrhod : (6D6+90) → 20[1,2,2,4,5,6]+90 → 110

ラシェル:5d6+10 (プロテクション+エフィシエント)
Arianrhod : (5D6+10) → 19[1,2,4,6,6]+10 → 29

ラーミナ:←空中で三角座りしてる
フレデリク:38点ダメージ
ラシェル:「光よ光よ… 盾の力よ…」
アルシド:うわ…
オオナマズ:…?
ラーミナ:本当にヤバいお兄ちゃんがわかった
アルシド:〈連携Ⅰ:フレイムバースト〉連携攻撃,[両手剣],前提属性:[水、闇],発生属性:[火],使用を宣言したキャラクターが行う武器攻撃で1点でもHPダメージを与えた場合、対象に[スタン]を与える
ラシェル:「おや…今の手応え… いい防御力ですね、フレデリクくん」
フレデリク:「覚えがある攻撃だ…」
アルシド:〈ダーティファイト〉2,マイナー,自動,シーンSL回,使用する際に[スタン][スリップ]からひとつ選択せよ。白兵攻撃で対象に1点でもHPダメージを与えた場合、選択したバッドステータスを与える。この効果はメインプロセス終了まで持続する。 MP-4
フレデリク:「クマに続いてナマズとはな!」
アルシド:スタン!
アルシド:〈バッシュ〉1,メジャー,命中,単体,武器攻撃を行う。ダメージロールに+[SLd] MP-4
アルシド:命中にフェイト
アルシド:4d+5 命中判定
Arianrhod : (4D6+5) → 15[1,4,5,5]+5 → 20

オオナマズ:2d+6 回避判定
Arianrhod : (2D6+6) → 9[4,5]+6 → 15

アルシド:2d+2d+1d+14+9 威圧・スタン付与通常攻撃(ソウルヒート)
Arianrhod : (2D6+2D6+1D6+14+9) → 6[1,5]+7[1,6]+5[5]+14+9 → 41

オオナマズ:ビタンビタン
フレデリク:連携を継続!
アルシド: 大 正 義 ス タ ン
フレデリク:連係Ⅰ:シールドブーメラン:前提属性:火、風:発生属性:光
フレデリク:[イートザミート]マイナー/携帯しているにくを使用する。武器攻撃のダメージに+[にくの効果で回復した【HP】の値]する
フレデリク:1d+32 回復[ユニコーン騎乗]
Arianrhod : (1D6+32) → 3[3]+32 → 35

アルシド:そのマイナーのにくの回復量ナタリにくれよ
オオナマズ:にくいねェ…
フレデリク:通常攻撃にフェイト1点
フレデリク:使わなくていいか!
フレデリク:3d6+7 命中
Arianrhod : (3D6+7) → 8[1,3,4]+7 → 15

オオナマズ:1d+6 回避判定
Arianrhod : (1D6+6) → 4[4]+6 → 10

ラシェル:ギルマン:ナマズ
フレデリク:2d6+9+35 ダメージ
Arianrhod : (2D6+9+35) → 7[2,5]+9+35 → 51

ラーミナ:連携攻撃の継続を宣言するよ!
フレデリク:とりあえずHPも全快!
アルシド:オレより火力出しやがって盾役がァ……!(嫉妬)
オオナマズ:ヌゥゥ
アルシド:まぁオレバステ係やしー!!
ラーミナ:《連携Ⅰ:フェイタルエンド》1:【前提・地・光】フリー。使用を宣言したキャラクターが行う武器攻撃の対象がバッドステータスを受けていた場合、武器攻撃のダメージに+[対象が受けているバッドステータスの数×10]する。
フレデリク:聖水があるでしょ!
ラーミナ:《スマッシュ》1:マイナー。白兵攻撃のダメージに+【筋力】する。メインプロセス終了まで持続する。コスト5
ラーミナ:《フェイタルハント》5:メジャー。武器攻撃を行う。ダメージロールに+[SLx3]する。また、対象が《超大型》を取得しており、さらにバッドステータスを受けている場合、ダメージに+【筋力】する。コスト5
ラーミナ:3d+6 命中判定
Arianrhod : (3D6+6) → 12[2,4,6]+6 → 18

オオナマズ:1d+6 回避判定
Arianrhod : (1D6+6) → 6[6]+6 → 12

オオナマズ:ビタタン
ラーミナ:《スラッシュブロウ》1:DR直前。ダメージに+[(SLx2)D]する。シーン1回使用可能。
アルシド:BS2つだ!
ラーミナ:8d+64 《スラッシュブロウ》《フェイタルハント》《スマッシュ》《フェイタルエンド》
Arianrhod : (8D6+64) → 16[1,1,1,1,2,2,4,4]+64 → 80

アルシド:精神的に追い詰められてる!
フレデリク:追い詰められているんだな…
ラーミナ:「いい加減に……倒れてっ!!」
ラーミナ:縦一文字の一撃
オオナマズ:《最後の抵抗》1 戦闘不能:あなたの戦闘不能を回復する。さらに【HP】を1にし、戦闘を終了する。
オオナマズ:【BGMストップ】
オオナマズ:【情景 未知なる脅威】
オオナマズ:君たちと戦闘をしていたオオナマズが、己の窮地を悟ったのか、ぬかるみに潜伏した。
フレデリク:「やったか!?」
ラーミナ:「…!?逃げる気なのっ!?」
ラシェル:「む…? トドメかと思いましたが…?」
アルシド:「逃げてんじゃねェぞボケェ!!!!」
ラシェル:「いえ…これは…」
オオナマズ:姿は見えないが最後の抵抗で暴れまわっており、このままでは迷宮が崩落しかねない。
オオナマズ:このまま戦闘態勢を解かずにラウンド進行を続け、弱りきったあの大物に最後の一撃を与えよう。
アルシド:迷惑!
ラシェル:「この揺れ…まだ…下に…」
ラーミナ:「早く仕留めないと……嫌な予感がする…」
ラシェル:「この遺跡…ボロいので…」
[メイン]どどんとふ:シークレットダイス
S1d12
Arianrhod : (1D12) → 1

オオナマズ:シークレットダイス
フレデリク:「地盤は相当怪しいな…」
オオナマズ:ゴゴゴゴゴゴ…
アルシド:1までがんばって移動だ
オオナマズ:イニシアチブ順でアルシドから
アルシド:2d+7 筋力
Arianrhod : (2D6+7) → 7[2,5]+7 → 14

アルシド:「出てこいやァ!!」バシャア!!
オオナマズ:・・・
アルシド:「ゴラァ!!」
ラシェル:足元、6
ラシェル:杖でどかっと突く
オオナマズ:・・・
ラシェル:「そこっ!!」
ラシェル:「いらっしゃいません」
フレデリク:2d6+10 [筋力]
Arianrhod : (2D6+10) → 8[2,6]+10 → 18

フレデリク:4へ移動だ
アルシド:筋力10のエルダナーン?
オオナマズ:マッシブナマズね
ラーミナ:やっぱりエルダナーンじゃない…?
アルシド:やはり怪しい…
フレデリク:「これでどうだ!」
オオナマズ:・・・・・・
ラーミナ:ぬかるみ8へ飛んで行くよ!
ラーミナ:「この…辺っ!」ザシュッ
フレデリク:ばしゃばしゃとぬかるみをかき混ぜるだけだった
オオナマズ:・・・
ラーミナ:「…居ないっ」
オオナマズ:泥濘の中に潜伏しているオオナマズが見つからない…!
オオナマズ:突如、部屋が揺れ始める。どうやらオオナマズが暴れまわっているようだ。
ラーミナ:「まだ間に合うよ!」
オオナマズ:天井からパラパラと埃が落ち、このままでは奥へと続く道も閉ざされてしまうかもしれない。
オオナマズ:では第2ラウンド
ラシェル:「暴れてますね…」
オオナマズ:アルシドからどうぞ
フレデリク:「ぎりぎりまで探し続けよう」
アルシド:左へ
アルシド:「おーい」
アルシド:「でーてーこいやァ!!」
オオナマズ:・・・・・・
オオナマズ:アルシドは、いざ暴れまわり大地震を起こさんとしていたオオナマズの眉間に武器を突き刺す。
アルシド:バッシャアバッシャア
オオナマズ:S1d12
Arianrhod : (1D12) → 1

ラーミナ:「!」
ラシェル:い ま し た
フレデリク:1・・・
ラーミナ:とったどー!!
ラシェル:「おっ」
オオナマズ:最後の抵抗をしていたオオナマズだったが、次第にその活動を終え、倒れ伏した。
オオナマズ:【至宝を得よ】
アルシド:「いーたーなぁ…死ねェ!!!!」
オオナマズ:君たちの勝利だ!
フレデリク:「…ふう…終わったのか…」
ラーミナ:「……やったーー!!!」
ラーミナ:ふわーっと飛んでアルシドに抱きつく
ラシェル:「いやあしぶとい相手でしたね」
アルシド:「退け」
ラーミナ:「いいじゃんいいじゃん」
ラーミナ:泥まみれでも笑顔は輝いているよ!
フレデリク:「…見事な一撃だった」
アルシド:「はぁ…クソ、やっぱ組むと余計な疲れが増える…」
フレデリク:「これからもこの調子で頼む」
ヴェルター:泥まみれの中、勝利の余韻にひたる君たち。
ラシェル:[]
フレデリク:そしてドロップだ
フレデリク:フェイトを2点使ってナマズのドロップだ!
フレデリク:[ファインディング]効果参照/6/対象がドロップ品決定ロールを行なう直前に使用する。そのダイスロールを2回行い、任意の方の結果を選択できる。
ラシェル:「ああ…ドロドロ…いい女が台無しですね、全く…」
フレデリク:5d6
Arianrhod : (5D6) → 20[2,4,4,5,5] → 20

フレデリク:5d6
Arianrhod : (5D6) → 22[3,3,5,5,6] → 22

アルシド:やったぜ。
アンシア:オオナマズの肝(11000G)
ラーミナ:たかい!
ラシェル:素晴らしい…
フレデリク:丁度三徳包丁があるからな…
ラーミナ:「何はともあれ」
フレデリク:うまい事切り取って肝を袋に入れて持っていこう
アルシド:優しいフレデリクさんは泥水で苦戦しているラシェルさんを引っ張り上げてあげたのでした
ラーミナ:「アリアドネスレッド、初任務達成~~!」
フレデリク:ばしゃばしゃ
ラシェル:「ありがとうございます」
ラシェル:「本日はお恥ずかしいところを多々見せてしまいましたね…」
フレデリク:「お互い泥まみれだな」
フレデリク:「それは割とお互いさまというかなんというか」
ラーミナ:「えへへ」
ヴェルター:「おああーーーっ!!お前ら階層の主倒しちゃってんのかよ!!」と遅れてきたヴェルターが部屋の入口から声を張り上げる。
ラシェル:「あら、ヴェルターさん」
アルシド:「テメェら帰ったんじゃねェのか」
ファリネ:「挑戦する気だったよぉ」
ファリネ:「・・・でも、先越されちゃったね」
ラシェル:「ふふ、一足お先に失礼してしまいましたね」
アルシド:経験値はオレのもんだ
ラーミナ:「残念でしたー!」
ヴェルター:「なんかそのへんの端でも切り取れば俺らも迷宮探索の許可認めてもらえねーかな」
フレデリク:「どうなんだろうか…」
ラシェル:「これだけ大きいし多分バレないんじゃないですかね」
ファリネ:「またそういうこと言って…」
アルシド:「好きにしろよ、残骸に興味はねェ」
ラーミナ:「お父さん探さないとだしね」
フレデリク:「ああ、道中の獅子はどうした?」
ヴェルター:「悪いな。この借りは返すぜ」
ラシェル:「そう言えばいましたね…」
ラーミナ:「あっそういえば」
フレデリク:「奴を退けられるぐらいの腕前があればギルドも認めてくれるんじゃないか?」
ヴェルター:「ああ、コイツの魔法はつええんだ。この辺の魔物じゃ相手できるぜ」
ヴェルター:「魔法ってすげーよな」
ラーミナ:「やはり魔法使い居ないとダメかー」
ラーミナ:「いやシーフも居ないんだけどね?」
フレデリク:「魔法…なるほど、魔法…」
ヴェルター:「ウォーリア多すぎない?」
フレデリク:パーティを見渡しつつ
ファリネ:「しっ」
フレデリク:「不思議だ」
ラシェル:「聖水買いましょうね」
アルシド:「(あの水必須かー)」
ラーミナ:「聖水買おう」
アルシド:行った。
ラーミナ:rアパッと行く
ファリネ:こうしてオオナマズを討伐したアリアドネ・スレッドはそのドロップ品を持って大神殿へと帰還するのであった。
ファリネ:【北に広がる大地】
アンシア:見事夢の砦に巣食っていた魔物を討伐し、大神殿へ帰還したアリアドネ・スレッドをアンシアが迎える。
アンシア:「お前たち、よく帰ってこられたね。帰りが遅いから心配していたよ」
アルシド:風呂入りたい
ラーミナ:「只今戻りました!」
ラシェル:「大変でしたよ、見ての通り」 どろんこ
アンシア:「ふふ、一月なんて期間、お前たちじゃ余裕だったかね」
アンシア:「おお…よしよし、よくやったねぇ」
フレデリク:「早く泥を落としたいな…」
ラーミナ:~♪
ラシェル:「子供に甘い」
フレデリク:「無事に討伐は完了しました。これを」
フレデリク:ヌシのドロップを差し出す
アルシド:売らせろ
アンシア:「…うん、確かに」
アンシア:「これでお前達にも迷宮探索の許可を出せそうだよ。許可証を発行するからしばらく待って…」
ラーミナ:「明後日のセッションには間に合いますか?」
アルシド:「おい」
ラーミナ:「あと25日にも予定あるんですけど!」
アルシド:今日で終わっただけでもめっけもん
フレデリク:行政はね、時間かかるからね
アンシア:その時、一人の女性が大神殿広間に現れる。
ラシェル:急いては事を仕損じますよ


プリマベーラ:「今回はあなたたちが夢の砦の魔物を討伐してくれたのね。アリアドネ・スレッドといったかしら?」
アルシド:すき
ラーミナ:高貴そうな名前
ラシェル:「いかにも、どろんこのアリアドネ・スレッドですよ」
ラーミナ:「はい!」
フレデリク:「…む」姿勢を正す
プリマベーラ:「私はクラン=ベルの神官長代理、プリマベーラと申します」
ラーミナ:「あの、あなたは?」
ラシェル:「おや、誰かと思ったらお偉いさんじゃないですか」
アルシド:柱にもたれてる(定位置)
プリマベーラ:「…あら、どこかでお会いしたかしら?」フレデリクの方を見つつ
ラシェル:「底のおばあちゃんの上司です」
ラーミナ:「おえらいさん!」
ラシェル:そこ
プリマベーラ:ババアインアビス
ラーミナ:つらそう
アンシア:「プリマベーラ様。御身体の具合はよろしいのですか?」
フレデリク:「いいや、うわさに聞いていただけだ…」
プリマベーラ:「ええ、今日は調子がいいの。せっかく新たに迷宮に挑む冒険者が現れたんだもの」
プリマベーラ:「顔を見ておくのも悪くないかと思って」
ラーミナ:「光栄です!」
ラシェル:「売り出し中なのでぜひ覚えていってくださいね」
ラシェル:「(お金持ってそうだし)」
プリマベーラ:「ええ、迷宮の謎を解き明かしてくれると期待しているわ」
ラーミナ:その欲望悟られそう
フレデリク:「お目通りが叶うとは、光栄の至りです」
アルシド:「…」(柱にもたれてずっとそっぽ向いてる
プリマベーラ:「では私はこれで。あなた達の活躍、また聞かせて下さいね」
ラシェル:「ほらほら、アルシドくん 金持ちに顔を売るチャンスですよ」
プリマベーラ:「あなた達にこれからも豊穣の神、アエマ様のご加護のあらん事を」
ラーミナ:「わざわざありがとうございました!」
アルシド:「金に興味はねェ」
アンシア:「ラシェルはブレないねぇ・・・」
ラシェル:「あなたが生まれる前からこうですからね」
アンシア:こうして、アリアドネ・スレッドの冒険が幕を開けた。
アンシア:生まれも育ちも、目的も違う4人の冒険者たちは、この迷宮の謎を解き明かすことが出来るのか?
アンシア:その答えは神のみぞ知る・・・
アンシア:第一話「夢の砦」 おわり
アルシド:お疲れ様です!
フレデリク:お疲れ様ですー!
アンシア:お疲れ様でしたー!!
ラシェル:お疲れ様です!
ラーミナ:お疲れ様ですー!!
アルシド:すごい大変な1話であった…
アンシア:なおミッションは報酬金は10000Gです。
フレデリク:デコボコパーティでしたね
ラーミナ:1人頭報酬:6075Gと
アンシア
●アフタープレイ●

・成長点の配布

 セッションに最後まで参加した:+1点
 遭遇したエネミー:+[遭遇したエネミーのレベルの合計÷PCの人数]点
  ベアx2 20レベル
  バーゲスト 5レベル
  ブラックタイガー 18レベル

  ディオネスx2 6レベル
  シーサーペント             21レベル
  合計       レベル÷4人=1人あたり 17点
 遭遇したトラップ:+[遭遇したトラップのレベルの合計÷PCの人数]点
  ぬかるみx12               84レベル
  合計                   レベル÷4人=1人あたり 21点

 大神殿の依頼を成し遂げた:+21点
 よいロールプレイをした:+1点
 他のプレイヤーを助けるような行動や発言を行った:+1点
 セッションの進行を助けた:+1点
 場所の手配、提供、連絡や参加者のスケジュール調整などを行った:+1点
 
合計  64点

アルシド:けェい験値ダァァアアアアア
ラーミナ:経験点:64点 6075G
アルシド:おいしい!


TOP inserted by FC2 system